2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

野島崎project

 【05//2013】

5月4日(土)、平成25年お一人様プロジェクトの第二弾「野島崎project」を実施。

単に野島崎に行くだけのことにprojectというのは大袈裟か。
けれども、せっかくの南房だし、野島崎到着後にのんびりポタを楽しみたい。そのためには、帰り時間を考慮すると極力早い時間に野島崎に着きたい。ルートラボでは松戸実家から野島崎まで144km。となると、遅くとも2時にはスタートしたい。などと自分なりに種々検討・準備があり、自分としてはそれなりのイベント。
それに野島崎を目指すサイクリングは、体調不良と強風で過去2回途中で諦めているので、今回は成功させたい思いも。
また、初めての300km走になることは間違いなく、そのことからも自分にとって意味は小さくない。
以上のようなことで、今回のサイクリングを野島崎projectとして、平成25年お一人様プロジェクトの1つに位置付け。

当日は、0時45分起床。
前日は19時に床についたものの、2時間ごとに目が覚めた。その割にはまぁまぁの目覚め。

日中は20度近くまで気温が上がる予報で、出発時点では10度弱。
ノースリーブアンダーと薄手の長袖ジャージの間に、0度対応の防寒アンダーを着込んだ。一番上にウインブレを羽織った。グローブは指付き。

1時40分出発。
快適。自分は昼間に多少の暑さはガマンできても、朝夕の寒気をガマンするのは辛いタイプ。時折、ウインブレやジャージのファスナーで調整をして、丁度良い具合。

八柱霊園、中山競馬場の脇を抜けて、西船橋でR14に入った。
普段は千葉市のR14とR357が合流する辺りのクルマのスピードが上がる区間がイヤで、ららぽーと・稲毛海浜公園ルートに回避しているが、交通量がかなり少なかったので、こちらも良いスピードを保ったまま、千葉市に入ってからも国道(R357)で。
また、蘇我以南を走るときも、通常はトラックなどの交通量の多そうなR357を避けて、ほぼ平行する県道24号を走っているが、同じ理由で国道(R357。市原からはR16)を走る。…が夜中の工業地帯区間は照明が落とされ、真っ暗闇な区間が多い。街中を走る県道の方が楽しいなぁと後悔しながら走る。

R16は、袖ヶ浦駅の手前で、袖ヶ浦木更津バイパスとして内陸に向きを変える。
その後、袖ヶ浦市から木更津市に入ったのが4時頃、約60km地点。東の空が少し明るくなってきていたかな。

そのちょっと先で、「富津岬14km」の標識を見た。
富津岬には何度も行っているし、わざわざ野島崎に行く前に寄らなくても良いかなぁ。
が、4時50分頃、富津岬先端の展望台から日の出を眺めていた。出発から約85km地点。

madone


この後は完全に明るくなり、夜の緊張感、走り慣れない道の緊張感も溶けて、だいぶリラックスして走れた。
田植えがされた田んぼを眺めるのは、とても気分が良い。周辺の小高い山の木々が濃い緑色だったり黄緑色だったりするのはとても美しく、それが田んぼに映って見える。蛙の大合唱はとても楽しい。
この癒やしこそが自転車に乗るモチベーション。

R465で東京湾観音の裏手を抜けて佐貫町駅でジュース・トイレ休憩。5時45分頃。意外とこういう何気ない場所のことが記憶に残ったりする。

madone


ほどなく内房沿いのR127へ。
上総湊付近では美しい内房の景色を眺めつつ、竹岡付近では竹岡ラーメンの店って何処だろうと何気に探しつつ、浜金谷に到着。
東京湾フェリーの始発は6時20分だからちょっと遅れてるようだ。
乗船場所で船を眺めていたら、係員の方に乗りますか?と聞かれた。今にも出発するところだったが、言えば乗せて貰えたのかな。親切だ。
船を見送り、こちらも出発。

madone


鋸南町を抜けて南房総市へ。R127は富浦で内陸へ方向を変えた。
道の駅とみうらで休憩。今日は休憩が多い。ここでウインブレを脱ぎ、グローブを指切りに取り替え。

madone


館山市に入り街中を抜けて、県道86号で小高い山を2つばかり越えたら海沿いに出た。
で、野島崎。
房総半島最南端の地に到着。8時40分。

madone


スタートから150km。ちょうど7時間。
いつもなら、休憩込みで7時間30分で走る距離。両者を単純に時速換算しても大した差にはならない。けど、いつもより休憩が多かった中30分早かったのは、風向きの良さもあったが、やはりちょっと飛ばし過ぎたか。
夜間の国道走行でペースがおかしくなったみたい。その疲れで富津岬以降に休憩が多くなったのかと。

けど、この後は完璧にポタ。時間もたっぷりあるし、のんびり走りたい。
とりあえず帰りは外房へ。
明るい日差しと、南国のような海の色と、道沿いに植えられた色とりどりの草花を楽しみながら、R410あるいはその外寄りの道を北上。
道の道ちくらでは、パンとジュース休憩。
全く写真無し。とにかく散歩を楽しみ過ぎて写真を忘れていたっていう面もあるし、いざ写真を撮ってみてもどれも似通った海の写真になりそうに思えて写真を撮る気にならなかったっていう面もある。

海沿いの道がR128外房黒潮ラインに変わり、和田浦を過ぎると、南房総市から鴨川市に入る。
それにしても、この辺りは道の駅が多い。助かるけど。道の駅 鴨川オーシャンパークで休憩。
ちなみに野島崎からここまで30km弱だと思うが、2時間も掛かった。

国道の裏の海沿いの道から鴨川漁港に出ると大混雑。
鴨川漁港突端にある磯村弁天島厳島神社の弁財天の御尊像の御開帳が30年ごとに行われるところ、今回は60年目の本開帳にあたるとのこと。
関係サイトやニュースを見ると「大漁旗で飾られた大小様々な50隻ほどの船が対岸まで一列に並べられる姿は非常に珍しく、古くからの伝統として引き継がれています。」とあり、これが本開帳の行事なのかな。
自転車では難しかったとは言え、サラッと通り過ぎてしまい、もったいないことをした気分。
とにかく漁港から駅までは歩行者の行列、周辺道路はクルマの渋滞が凄かった。

R128に復帰し、やはり大混雑の鴨川シーワールドの前を通り、鴨川を抜けて安房小湊へ。
当初は海でコンビニ弁当でも食べようと思っていたが、それなりに疲れも出てきたので、しっかり休憩したくなり和食の店へ。
かさごの煮付けとミニお刺身の定食。

madone


座敷でシューズを脱げたのが嬉しかったし、まだ11時半で客は自分だけだったので、窓を開けて冷たい風を入れたり、足のマッサージをしたり、好き勝手させて貰えて助かった。
のんびり休憩して体力復活。隣のセブンで水分購入して再出発。

にしても疲れる~。
特に上り坂のままトンネルに入っていく所。対向車線が渋滞してるときは後ろのクルマが自分を追い抜けないので、早くトンネルを抜けるために2%程度の坂ながら上り坂ダッシュせざるを得ない。

この辺りはクルマで何度も走ったことがあるが、自転車ではどうなんだろうと思っていた。
以前、勝浦への家族旅行に買ったばかりのロードを持ち込んだが、狭いトンネルが恐ろしくてマトモに走れなかった思い出がある。今なら問題なく走れるのではないかと思ったりして、この辺りのトンネルに興味があった。
結果、ヘルメット取付リアライトやら細長く目立つリアライトやらそれなりに安全対策も講じ、また経験を積んで良い意味で図々しくもなり、恐ろしくて走れないということはなかったが、上り坂トンネルは疲れることがよくわかった。この時点で200kmを超えていたこともあるだろうけど。

madone


そんなアップダウン&トンネルも勝浦限りで終わり、御宿・いすみに入ると平坦基調に。
勝浦か御宿から内陸に向かい、いすみ鉄道の秘境駅に行ってみようかとも思ったが、それはまた違う機会に行くだろうし、今回いすみの大原まで走れば、野島崎から犬吠埼まで外房全てを走ったことになるので、今日のところはそれを優先することに。
ということで、この先は無難に片貝海岸付近まで北上。ここまで来れば、気分的には帰宅したも同然。その後は東金街道で千葉市に復帰するいつものルートで実家に帰宅。

今回のサイクリングは、夜中サイクリングを経験したこと、最初に飛ばし過ぎることのマズさ、懸案だった野島崎に行けたこと、南房ポタを楽しめたこと、鴨川勝浦ルートが分かったこと、初めて300kmを走ったことが収穫かな。

そう言えば、走行距離は325km。
計算上は休憩込みで18時には帰りたいところだったが19時帰り。あちこちで止まって遊んだり休憩したりしたので仕方ない。…と言って良いんだろうか。それ込みでの20km/hのように思う。今後の課題ということで。
325km走っての疲労度は、体調やルートにもよるだろうが、200km台のサイクリングと特に違わず。
ただ1日の走行距離としては、通常はこの辺りが限界。これ以上伸ばすと睡眠の関係等でサイクリング当日のほか、前日と翌日の計3日にわたって色々と影響が生じてしまいそう。

何はともあれ、お一人様プロジェクト第二弾も楽しく無事終了し何より。

madone


スポンサーサイト

Category: ロングライド!!

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (4)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Comments

初300kmお疲れさまでした

いやぁ、300kmお疲れさまでした。読み応えありのお一人様プロジェクトの第二弾「野島崎project」ですワ。
内房からぐるりと走って、片貝まで走られたとは・・・舘山から先の南房総付近はのんびり走られたようですが、やっぱり最高でしたかね?私は前回その区間逃しただけに、ぜひとも次回チャレンジしたいところ。

そういえば、確かBSジャパンの5/8夜「空から日本を見てみよう」で南房総を取り上げるようなので、改めて見るといいかも。

Posted at 22:20:25 2013/05/05 by Tomy

Comments

Tomyさん、こんばんは。

南房総市は海の色が心なしかエメラルドグリーンに見えて、南国の雰囲気が漂ってましたよ。笑
内陸に入ると何処に行くにもちょっとした坂道があるっぽいですが、海岸線を走る限りは平坦でのほほんと平和に走れますので最高でした。
え~っと…。BSジャパンて無料でしたっけ?^_^;
チェックしてみます~。

Posted at 23:31:27 2013/05/05 by T.A

Comments

お疲れ様でした

お疲れ様でした。
このGW中にこのような御一人様プロジェクトを企画されていたなんて
驚き且つ、羨ましいです。
我が家では、後5年は無理かな?
まさに旅ですね!
でも確かに300kmロングは、連休中でないと出来ませんからね。
房総制覇ですね。

Posted at 23:22:51 2013/05/06 by araita

Comments

araitaさん、おはようございます。

連休ならではのことをしたいなと思っていまして、それが長野宿泊と房総最南端でした。
房総制覇?銚子まで行けば良かったでしょうかね。ムリです。^_^;
4-19時で300kmと考えれば、この時期、日の出前・日暮れ後の走行は自宅周辺のみで済みますから、1日フリーの日があれば実行しやすいかもしれませんね~。

Posted at 07:39:07 2013/05/07 by T.A

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する