2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

いわゆる聖地巡礼的な

 【29//2013】

土曜日は長野県へ。

目的は、大町市の木崎湖-小熊山を巡るサイクリング。
一部の趣味の方々の言い方を借りれば、聖地巡礼ということに。

宿泊や自走はムリなので、車載で出発。
木崎湖付近のデポ地なら道の駅「白馬」辺りが近そうだが、それだとあっという間に走り終わってしまうので、長野市、白馬村、大町市に囲まれる小川村に止めることに。
道の駅「おがわ」にデポ。

madone


小川村は本州の重心地と。

madone


まずはK36。
村の中心地と思われる場所を走る。
この夏、次男が学校の行事で小川村の農家に泊めてもらったこともありキョロキョロと。

madone


ほどなく坂道の始まり。
北上して長野市鬼無里を目指す。
いきなり10%の標識。やれやれ。

madone


里山の中をのんびり登るが、高度はぐんぐんと上がり、時々アルプスも顔を覗かせる。
テンション上がるし、爽やかな空気が気持ちいい。

madone


madone


しばらく走るとアルプス展望広場に着いた。

madone


madone


更に登ると、宝珠山 高山寺。

madone


そしてほぼほぼピーク。
小川天文台に到着。「星と緑のロマン館」なる施設になっていて、そこの駐車場で自販機休憩。

madone


この先少し登ると、その先は下り。
10%の下りってのもイヤだなぁ。

madone


そして自分のお気に入り、長野市鬼無里へ。

madone


眼下に鬼無里の街が見える。

madone

気持ちいい!

madone


遠くに戸隠。雲がかかっているが相変わらずの険しさ。

madone


鬼無里の中心地付近に到着。
R406を西へ。白馬方面に向かう。

madone


国道沿いのいろは堂に立ち寄り、補給食としておやき(ねぎみそ)を購入。

madone


R406の見慣れた景色たち。

madone


madone


madone


国道とは思えない細い道。
峰方峠(白沢峠)に向けてじわじわと高度を上げていく。

madone


長野市から一時的に小川村に入り、その後、白馬村に入る。

madone


この標識が見えたら、あと200~300mで白沢洞門。

madone


そして白沢洞門。

madone


洞門の中で、峰方峠(白沢峠)からの額縁的な景色が見えてくる。

madone


気持ちいい~!最高!

madone


アルプスを見ながら白馬方面に下ると、下り坂の途中に峰方の三叉路がある。
このまま直進すれば白馬市街地だが、今日は左折。

madone


坂道を下り終えた所。
のんびりしていて良い所だなぁ。

madone


大糸線の神城駅と南神城駅の間あたりでR148にぶつかったら南下。

が、ここで脚に異変。
佐野坂のちょっとした上り坂の手前で脚つりの予兆。
自転車を降りようとしたが、つりそうで自転車を降りれない。
かなりの時間をかけて自転車を降りて脚のマッサージ。
それにしてもやわい!やわすぎる!

暫く休憩してから再出発。
佐野坂の坂道は、脚の力の入れ方を加減することで問題なく脚つりを回避できた。

佐野坂の交差点を右折してR148を離脱し、青木湖へ。
青木湖って水深が50m以上あるんだよな。この湖の美しさは水深のせいもある?

madone


青木湖の南側、中綱湖の湖岸にある簗場駅で休憩。

madone


この後はいよいよ今日の目的。木崎湖を小熊山パラグライダー場から眺めるための登り。
脚が心配なので、マッサージをしたり、いろは堂のおやきを食べたり、自販機のアクエリを飲んだりしながら、脚を休める長めの休憩。

madone


madone


いよいよ登り。
やけに細い道から登り始めてしまったが、間違えたかな。急勾配な細道はいきなりキツっ!

madone


脚ヤバっ!
700mほどで休憩。
マッサージして再出発。

本来のルートと思われるクルマも通れる道に出てからも急勾配は続く~。
ひと桁%なら脚の力の入れ方を加減して、つらないように登ることも出来るが、自分の登板能力では10%超が続く坂で、そんな風に登るのはムリ。
何度か本格的にヤバくなる前に自転車を降りてマッサージ。
やわい!やわすぎる!

madone


3kmほどでスキー場に到着。ふ~、つかれたぁ~。
とりあえず自販機休憩と時間をかけたマッサージ。

madone


ロードのレンタル?

madone


さて出発。

ここからはアップダウン。
スキー場までと比べてだいぶ勾配が緩やかになったので、これなら何とか漕ぎ続けられそう。

基本、こんな林道。

madone


時折アルプスが覗く。
小川や鬼無里と比べて、さすがに近い。

madone


簗場駅から10kmほどかな。
唐突に視界が開けたと思ったら、パラグライダー場に到着。

madone


お~、見たかったのはこの木崎湖だ。

madone


パラグライダー場に到着した時に女性ローディと話をしていた男性が飛び立った。

madone


背中ポッケに突っ込んできたペットボトルのアクエリアスを飲み羊羹を食べながら、風に吹かれる。いい時間だな~。

さて出発。
若干のアップダウン後、木崎湖畔までのダウンヒル。

湖畔のショップ

madone


木崎湖の水も澄んでいてきれい。

madone


別のショップ~。

madone


そして海ノ口駅。

madone


駅舎の中。

madone


聖地巡礼と言うからには、まだ行かなくちゃならない場所もあるんだろうけど、マジメに巡礼されている方々が集まっておられたり、時間も無かったりしたので、以上をもって終了。

この後、R148を穂高駅まで南下して、大王わさび農場辺りの清流に癒されてこようかと思ったが、脚の状態が良いとも言えないので、デポ地に戻るために東へ。
まずはK394からR19を目指すことに。

帰りも10%超続出。

中でも、雪除けのトンネルっぽいドームの中を通る滑り止めの刻みが付いた坂道では心がポッキリ。
休み休み乗るのではなく押し歩き。
とにかく脚がつる寸前だし、12%が何処まで続いているのかわからないし、クルマが時折結構なスピードで横を通り過ぎて行くし、走り切りたいという意欲を持てない道だったし。
やわい!やわすぎる!

これ以外の10%超は、超キッついながらも何とか押し歩くこともなく。

madone


何とかR19へ。
R19を走ることにしたのは犀川沿いだから!
川沿いは平坦の象徴だから!

なのに…。
川沿いには違いないが、川面から数十メートル高い場所を走ったり、川面近くを走ったり…。
やれやれ。これが長野的平坦路か…。

R19沿いのセブンでバナナ一本を補給して、小川村まで最後のひと山。
ここも10%だけど、耐性ができてしまい、どうってことないやって感じ。っていうか、ピーク手前ではちょっと寂しくなった。

んで、最後のダウンヒルをして、デポ地にゴール。

madone


あ~、楽しかった!

madone


ここから大町市の道の駅「ぽかぽかランド美麻」に移動して、風呂&晩飯。

madone


ここは宿泊施設もあるが、ホームページを見ると、サイクリングスタンドを借りて部屋に自転車を持ち込めるみたい。いいかも!

風呂もそこそこゆったりで露天風呂もあり良かった。
忘れちゃいけない風呂上がりのコーヒー牛乳。

madone


さっぱりした後は、信州牛ハンバーグ定食を食べて、朝来たとおり、上信越道、関越道、外環道で帰宅。
1日たっぷり楽しんだ。
長野県に感謝。

スポンサーサイト

Category: サイクリング!

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (12)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Comments

なんとも景色のいいコース!一度は行ってみたいです。
やっぱり山の景色は筑波山や千葉に比べると、その遠くの山々の
眺めや緑の美しさが違いますネ~
ところで、T.Aさん坂好きなんじゃないですか?どうしても
そう思えてなりませんが・・・

Posted at 20:24:27 2013/09/29 by Tomy

Comments

Tomyさん、こんばんは。

自分にとってアルプスが見えるというのがめちゃくちゃポイント高いんですよね~。
坂道はですね~。不得手は間違いないです。でも、単に嫌いと言うのとはちょっと違うかも。景色の良い所をお気楽に登るのは嫌いではないです。
あくまでもお気楽走行・わがまま気まま走行が許されるSOLOでの話ですけどね。笑

Posted at 22:56:44 2013/09/29 by T.A

Comments

とても気持ちよく走れそうな道ですね。
聖地巡礼については、そちら方面疎いもんでアレなんですが、
コースは、走っていてとても気持ちがよさそう。

エンデューロもいいけど、
のんびり気持ちのいいコースを気ままに走る方が
今の自分には、向いているような気がします。
競技系のイベントは、学生時代までで十分のような・・・(笑)。

Posted at 08:22:49 2013/09/30 by ZEN

Comments

聖地巡礼、楽しそうですね..
しかし苦行の連続ですね。
巡礼とはいわゆる修行ですからね!

もうジャージは発注されましたか(笑

Posted at 09:12:19 2013/09/30 by ishitaka

Comments

ZENさん、こんにちは。

もてぎお疲れ様でした!
自分も気ままサイクリングがいいです。学生時代も気ままでしたが。笑

ワタクシもこの手のコトに詳しいわけでは全くないのですが、当地を媒介にロードやロングと繋がっているようで、現地の状況をリサーチしてると様々な情報が入ってくるんですよね~。とにかく、いいコースでしたよ。脚つり無しでまた走りたいです。

Posted at 11:42:50 2013/09/30 by T.A

Comments

ishitakaさん、こんにちは。

もてぎお疲れ様でした!
そっかぁ。巡礼者たる者、ルンルンサイクリングで聖地巡りなどとは言ってられないわけですよね!甘かったです(^_^;
とは言え、やはり楽しく走りたいわけで、マジで脚つり何とかならんもんかと…。それが無ければ楽しさ倍増なんですけどねぇ。

あ、ジャージはどう考えても似合わなさそうなので、誠に遺憾ながら断念致しました!

Posted at 11:54:56 2013/09/30 by T.A

Comments

うはっ!

疑似ツーリング、堪能させて頂きました!
今の自分にとってはまだ一日めいっぱい自転車に時間を使えるなんて「夢」なので、本当に羨ましいです〜。
木崎湖を見下ろすポイントは、ぜひ一度行ってみたいです。
それにしても、あの斜度を表す黄色い看板を見ると、ゾクゾクしますね(笑)。

Posted at 21:16:20 2013/09/30 by pcblue

Comments

pcblueさん、こんばんは。

子供が大きくなったので、いわゆる家族サービスからは解放されてます。寧ろ居ない方が良いと思われてるくらいかと(^_^;
黄色い看板でゾクゾクしちゃいますか?見ただけで心拍が160超えちゃうワタシからしたらpcblueさんがホント羨ましいです~。
そう言えば、店長さんはいつ長野を走られるんですかね?サイトにアップするのかなぁ。

Posted at 22:08:32 2013/09/30 by T.A

Comments

やっぱり長野は、良いですね!義理の兄が長野なんですが、なかなか遊びに行けず、妄想ばかりになってしまっています。
しかし、結構標高獲得したんじゃありませんか?このペースだと、来年は常に峠を目指す姿が予想出来ますね(^^;;
冗談はさておき、一泊でゆっくり訪れたいですね、まさに旅しよう!ですよ。

Posted at 23:54:02 2013/09/30 by araita

Comments

araitaさん、おはようございます。

長野の自転車旅サイコーですね~。
獲得標高は2300~2400mくらいでした。ひと回り100km弱でしたが、気持ち良いコースでしたので、次回行ったときは3周くらいしときます。笑

ホントせっかく行ったら泊まりたいですよね~。年内はムリだけど、今回最後に風呂と食事をした道の駅美麻には泊まってみたいと思います。

Posted at 07:18:00 2013/10/01 by T.A

Comments

T.Aさん、こんにちわ。
やはりT.Aさんは長野県が似合いますね(*^_^*)
しかし聖地巡礼とは、初耳ですが・・・なかなか楽しそうなルートですね!でもオヤジには苦行にしか見えないのは気のせい??
しかし景色は抜群ですね。
一度、訪れようかな?

Posted at 10:02:57 2013/10/01 by ただのオヤジ

Comments

ただのオヤジさん、こんにちは。

似合います?嬉しいです。移住したいくらい好きですから(^^)
ワタシの場合、自分を追い込んで走る気はさらさら無くて、疲れたら休むくらいの気持ちで走っているので苦行にはなってませんよ~。
それぞれ色々な楽しみ方ができることが自転車の良い所ですよね。
可能であれば是非とも訪れていただきたいです。

Posted at 12:43:20 2013/10/01 by T.A

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する