2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

直江津project

 【05//2013】

8月4日(日)、平成25年お一人様プロジェクトの第3弾「直江津project」を実施。

直江津まで走ってみることは、のぐちやすお氏の「自転車でどこまでも走る」を読んで以来の課題で、常に心に引っかかっていたので、とにかく今年は走っておきたかった。

4日未明の1時スタート。

いつもは速度を上げたクルマが連なる恐ろしいR17もさすがに閑散。
通常のリアライトのほか、反射ベストやヘルメット用リアライトの装着で、精神的にもかなり楽に走れた。
本庄のセブンでプリン休憩をしつつ順調に走る。

高崎でR18に乗り換え。

madone


R18に入って間もなくのパーキングで休憩。

madone



安中に入るとちょっとずつ高度を上げてくる。

当日は曇り空。妙義山もよく見えず。

madone


横川を通り抜け、いよいよ碓氷峠へ。

madone


ここに着くまでに結構疲れてしまった。足つりの兆候も。
で、ゆっくり登り始める。どのみち速く登ることはできないけど。

めがね橋。

madone


碓氷峠は、上記の碓氷峠始まりの標識からだと12kmほど。全体として勾配は緩め。
めがね橋からの5~6kmはほぼ平坦と言って良い区間も多く、峠道にしては楽に走れる感じ。
ただ、いくら緩かろうが、長い坂道はほとんど経験ないし、足はつりそうだったし、登り終えた時は結構ヘロヘロ。

碓氷峠到着。

madone


madone


とりあえず軽井沢駅に降りて、ファンタグレープ休憩。と同時に強烈な眠気。写真のベンチに座って30分ほど寝てしまった。

madone


起きたらかなりスッキリ。
R18に戻り、下ってちょっと上る。
軽井沢駅から数km西の信濃追分が1003mでこの日最高地点だったかな。

madone


軽井沢から長野市まで数十kmは下り基調。気温20℃で日射しもなく肌寒かったので、アームカバーをして出発。

madone


御代田町を通過して小諸市へ。結構下ったつもりが、標高はまだ780m。

madone


東御市を通過。
こんな標識を何度も見た。ぐんぐん下る。

madone


そして上田市。標高499m。
ここまで来ると気温もだいぶ高くなり、アームカバーもとっくに外していた。
上田市街地を走る。賑やかで結構都会な雰囲気。とは言え、周りは緑の小高い山々に囲まれていて、あぁ信州を走ってるんだなぁという感じ。

madone


坂城町に入った。標高415m。

madone


坂城駅付近で突然の降雨。ときたま妙に冷たい風が吹いていたので覚悟はしていた。
ちょうどクルマのパーキングエリアがあり、雨を凌げるスペースがあったので雨宿り。

madone


雨はあっという間に弱まり、20分ほどで完全に上がった。
雨が止むと同時に、この日初めての晴れ間。
再出発。日射しはどんどん強まり、路面はすぐに乾いた。

千曲市を走る。更埴を過ぎた所で千曲川を渡る。

madone


いよいよ長野市。
ダウンヒルもだいたい終わりの標高359m。
ここまで200kmちょいかな。

madone


ここでお昼ご飯。冷やし中華が食べたくて仕方なかったので、入りやすそうな中華屋さんを探してた。珍来なら席も広々でのんびり休めてベスト。

madone


店員さんはみんな親切だった。
ボトル2本に冷たい水が満タン。
妙高のトンネルには十分気をつけるようアドバイス。
さて再出発。

長野市東部を20kmほど走ってきた。豊野という地区に入る。
志賀高原の標識。右手には横手山、渋峠等に繋がる山々が連なる。

madone


自分が走るR18は、この先で左手・北西方向に進路を変え、高度を上げ始める。勾配はそれほどでもないとは言え、これまでの疲労が蓄積されているし、碓氷峠の時とは気温や日射しの強さが全く違う。おまけに水切れ。登り始めた頃に見た自販機を気軽にパスしてしまったことを激しく後悔。

飯綱町に入った。

madone


牟礼駅付近で商店を発見!嬉しい!
500mlを4本買ってしまった。
暫く日陰で休憩して再出発。

信濃町に入った。信濃町には今週末も家族と来る予定。

madone


水分補給してカラダはかなり復活。キツいながらも元気に走り、ピークらしき場所を通過。走っていた時点では、ピークが何処か理解できていなかった。少なくとも野尻湖の先と思い込んでいた。
明らかに下り始めた後で野尻湖の案内を発見。

madone


その後はアップダウンをしつつ全体として高度を下げていく。

そして初の自走新潟県。

madone


珍来の店員さんのアドバイスに従い、トンネルでは反射ベスト装着のうえ全ライト点灯で通過。
トンネルの後は、20kmを超えるくらいの超下り一辺倒。路面がイマイチなのでスピードはかなり控え目。急勾配でもないので、路面状況と後ろからのクルマに注意しつつ、リラックスして下った。

いよいよ最後の上越市。

madone


市の境界が入り組んでいるのか、この後も一時的に妙高市に戻ったりしながら、標高50mくらいまで下りきり、海に向けて10数kmを走る。

で、5時半、日本海到着~!
本州から見る日本海は初めて。
距離は300kmと意外に短かった。
遠くに見えるのは能登半島かぁ。

madone


この後、軽く街中を散策。直江津駅で帰りの電車のチケットを買って、上越市運営の日帰り温泉へ。これでスッキリ、疲れも取れた。

直江津20:35発のほくほく線快速で越後湯沢に向かい、20~30分待って、10:25発の上越新幹線に乗車。
とにかく前輪外しタイプの輪行荷物はデカいので、自由席を買って通路乗車。大宮までは50分だし、どうってことはなかった。

madone


大宮からは埼京線と武蔵野線を乗り継いで0時過ぎに帰宅。
1日たっぷり遊んでしまった!
楽しかった~!

スポンサーサイト

Category: ロングライド!!

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (10)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Comments

ついに達成されましたね!

どうもご無沙汰しておりますm-.-m
「直江津project」達成おめでとうございます!
近々に実行されるのであろうとは予測していま
したが、ついにいかれましたか・
4日は私も碓井峠を登って来ました!
私にはめがね橋以降を「平坦」などとは到底言
えませんでしたが、何とか2000m超えを出来ました。
あっもちろん途中までは車載ですけどね!
T.Aさん、次は大阪「キャノンボール」しかない
んじゃないですか?

今月は諸事情の追込みですので9月になったら私も
直江津に行ってきます(ウソです!)

Posted at 08:35:52 2013/08/06 by ishitaka

Comments

ishitakaさん、こんにちは。

ありがとうございます~。
ishitakaさんから、行く行くサギと言われないように行ってきました。笑
あ、碓氷峠行ったんですか?2000超えとは随分頑張られましたね~。自分よりよっぽど登られてますよ、きっと。
今回のコースは、絶景コースとは言えませんが、大ダウンヒルが多くて取り組みやすいと思いますよ。気が向いたらぜひ!
キャノンボールはどうあがいてもムリ!笑

Posted at 11:58:51 2013/08/06 by T.A

Comments

まさか、上田が途中だったとわ、泊まりで行ってると思ってました。恐るべしT,A.さん。そして、祝、プロジェクト達成。

Posted at 13:07:01 2013/08/06 by ルイガノ

Comments

やりましたね!

直江津お疲れ様でした!丸々一日走る事だけを考え、思いっきり堪能出来ましたね。記事からその楽しさが伝わってきました。距離のあるトンネルは、怖いですよね、さらに勾配が付いていると余計に危険です。プロジェクト達成出来て良かったです。
とは言え、標高の高い所が最近お好きになったんじゃないですか?(^^;;

Posted at 13:50:43 2013/08/06 by araita

Comments

ルイガノさん、こんばんは。

ありがとうございます。
LINEをいただいたことに気付いたのが、上田の市街地走行中だったんです(^^)
ノロノロ登ってダァーッと下るってのを2回繰り返すと着いちゃうんで、日本海到達という点でそれなりに充実感を得られる割にはめちゃくちゃ大変でもなくお得感が大きいかもですよ~。

Posted at 18:45:21 2013/08/06 by T.A

Comments

araitaさん、こんばんは。

夜中の0時起床で24時間後に帰宅ですから、帰りの乗り継ぎがイマイチでしたが、かなり効率的に目一杯遊べました。笑
下り坂で路面の荒れた長いトンネルは、やっぱ怖いですね~。とにかく慎重さが必要だと思いましたよ。
標高の高い所が好きなんてコトは決してないっす。日本海行くのに一番楽なルートがおそらく今回のルートで、自分にとってはギリギリ許容範囲内でした(^_^;

Posted at 18:47:55 2013/08/06 by T.A

Comments

先、越されちゃった!

やられたぁー(笑)

直江津、行ってきましたか。
日本海、見ちゃいましたか。
くそーっ、うらやましいぞー!!

自分も、T.Aさんのマネして
お一人様プロジェクト企画するかぁ。
さて、どこ行こうか。

Posted at 22:17:21 2013/08/06 by ZEN

Comments

ZENさん、こんばんは。

ZENさんにぴったりなのは、ワタシが走った碓氷・妙高ルートではなく、渋峠越えルートとか三国峠越えルートでしょう?
今市・只見・長岡経由直江津という変態ルートもあるようですよ。ぜひ!笑

Posted at 23:18:44 2013/08/06 by T.A

Comments

お疲れ様でした!凄い!

直江津プロジェクト無事完走お疲れ様でした。
それにしても凄いですねえ。スケールが違うなぁって。
以前、サイスポの俺チャレかなんかで見て、いつかは
自分もと思ったことがあります。
さすがに景色は抜群ですね!今度ゆっくり聞かせてください。

Posted at 00:06:52 2013/08/07 by Tomy

Comments

Tomyさん、おはようございます。

ありがとうございます。
凄そうな気がしますか?嬉しいです。笑
房総のアップダウンを200km超走る方が走り応えはあるかもしれないけど、300km離れた場所に行くということで、近場をひと回りするのとは違う喜びみたいなものが感じられるのは確かですね。
ハードルはイメージほど高くありませんよ~。

Posted at 07:18:17 2013/08/07 by T.A

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する