2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

浜めしで朝めし

 【06//2017】

横浜中華街での中華粥&点心に引き続き、朝ごはんライド第2弾は銚子の浜めしで朝めし。

2/4(土)。この週末は松戸実家に滞在。Madoneをクルマに載せて、実家から10kmほど離れた道の駅しょうなんにデポ。

4時頃スタート。
誰もいない真っ暗な手賀沼CRを走るのは、とても新鮮だった。

よく写真を撮るフィッシングセンターの曙橋。当然真っ暗。

madone


手賀川沿いを走り、利根川右岸CRにイン。

栄町から神崎町あたりは、CRもその周囲も明かりがない。その代わり満天の星空。
こんなに星が見えたのはいつ以来だろ。流れ星も!

神崎大橋で左岸に移動。
佐原あたりでマジックアワーの始まり。
5時40分頃。

madone


早朝の利根川を下るサイクリングではこれが楽しみ。刻々と変化していく東の空に向かって走る。GARMINを見るとマイナス4℃で指先も爪先も感覚無しだけど、最高に素晴らしい時間!

6時頃。

madone


6時40分頃日の出。
おひさまの有り難さ!日が昇り暖かくなってきた。

madone


左手から常陸利根川が合流して、そこでCRは消滅。
常陸川大橋を茨城県側に渡ってR124を走る。

休もう休もうと思いつつ寒さで止まることができず、無休憩のまま7時30分頃銚子大橋に着いた。

madone


madone


銚子駅あたりをぐるっと回り、漁港などをぶらぶら。

madone


網に魚が残ってるのかな。かもめがついばんでた。

madone


そして、8時オープンと同時に「浜めし」入店。

madone


まぐろ、はまち、いくらの三色丼大盛り。
あまりの盛りの良さに柄にもなくアセってしまったのと、早く食べたかったのとでいつも以上にボケボケ。汗

madone


madone


はまちとまぐろは甘くてまろやか。まぐろはトロと言っていいんじゃないの?
いくらはプチプチ。ごはんから転がり落ちる!
存分に堪能。美味しかった!

帰りは、数年前に走った銚子センチュリーライドのルート経由。
とりあえず、旭の広域農道沿いのセーブオンでまったり珈琲休憩。

madone


その後、匝瑳を抜けて、道の駅多古、成田空港、房総のむらなど、利根川よりだいぶ南側のルートを走行。

madone


手賀川に復帰すると急激に向かい風。ヘロヘロで手賀川、手賀沼を走り、1時頃に道の駅しょうなん近くのローソンに到着。

イートインで昼ごはんを食べて、Madoneをクルマに載せた後は、「満天の湯」でゆったり露天風呂。真冬の露天風呂って何ものにも代え難い心地よさ。まさに至福の時間!

以上をもって、朝ごはんライド第2弾終了~。

楽しくもしっかり走って、美味しく食べて、のんびり温泉に浸かるって最高。これぞ明日への活力!
あらためて自転車って素晴らしい!
スポンサーサイト

Category: サイクリング!

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (4)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Comments

T.A.さん、おはようございます。「朝へ向かって走る」…ワクワクします(≧∇≦) 恩田陸さんの「夜のピクニック」みたいに、素敵な体験ですね。銚子、久しぶりに行きたくなりました〜灯台下のポストが可愛いのですよね。追体験できて、幸せです。ありがとうございます(距離感は別にして^^;)

Posted at 08:33:49 2017/02/07 by rinya

Comments

rinyaさん、こんにちは。

誰も居ない真っ暗な中を走るって、それだけで特別な高揚感があるんですよね〜。まさに夜のピクニック的にワクワクしました。読んでないけど(^^;
そう言えば、銚子まで走って何処も回らずに帰ってきたのは初めてでしたね。もう少し暖かくなったら、犬吠埼その他各所をのんびりポタりたいな〜

Posted at 11:59:51 2017/02/07 by T.A

Comments

T.Aさん、おはようございます!
銚子ライドお疲れ様でした。
海鮮丼大盛り、ボリュームも凄いし美味しそう!
いつも淡々とした文章を書かれているので、距離感が自分には分かりませんが凄そうですね〜(笑)
いつか銚子行ってみたいです。その時はまたまたアドバイスよろしくお願いしますm(._.)m

Posted at 06:00:55 2017/02/09 by りょうたパパ

Comments

りょうたパパさん、おはようございます。

後々、写真を見ながら読み返すと、その時の記憶が蘇ってきて結構楽しいんです。(自分好き。笑)
で、自分の書いたものを読む限り、淡々と単なる記録的に書いておいた方が読みやすいなぁと思ってまして。で、基本的に味も素っ気もないブログとなっております。笑
距離は片道90kmで、短くはないけど長いとも言えないという感じでしょうか。風向きに気をつければ手頃かと思います。ぜひお試しを〜!

Posted at 07:34:11 2017/02/09 by T.A

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する