2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

第9回銚子センチュリーライド2013

 【03//2013】

6月2日(日)、銚子センチュリーライドに参加した。きっかけはishitakaさんからいつものメンバーへのお誘い。
これにただのオヤジさん、araitaさん、tawagotoさんと自分が乗ったかたち。自分にとっては、ロードバイクのイベントへの初参加。
結果的には、5人全員が完走することができて何よりだった。一時は無理かと思うような出来事もあったけれど。

当日の起床は3時。松戸の実家発だったので、4時出発で5時過ぎには到着。まだ駐車場はガラガラ。自分の性格上このくらい早い方が良いかな。
途中のコンビニで買ってきたおにぎりを食べながら、のんびり自転車の準備や身支度をしたり、トイレに行ったり、受付付近を散歩したり。笑

madone


受付手続きをして間もなくメンバーと徐々に合流。開会式等を経て、7時から15名ずつ纏まってスタートした。

今回はぜひいつものメンバーでイベントを楽しんでみたいという思いで参加を決めた。
だが、基本的には、雨ならお休み、風には逆らわず、坂道は回避という超気ままな走り方が自分のサイクリングのスタイル。いつものわがままが許されない状況で、雨・風・上り坂が非常に気になっていた。

まず雨については、正直、曇り時々雨ならDNSしようと思っていた。が、曇り一時雨となり、その後も何となく予報が良くなっていきそうな気配が感じられたので、多少の覚悟を持って参加を決断。他のメンバーはDNSなんて考えを微塵も持っていなさそうだったし。
結果、九十九里沿いで少しの時間だけ、さぁーっと細かい雨に降られたが全く影響ない範囲。午後からは日射しも出て、かなりの日焼けをしてしまったほどだった。

風は予想外の北寄りで、主に九十九里北上時に向かい風。だが全く苦しまず。エースの強力な牽きのおかげ。
トレインに追い付いては安全を確保しつつ追い抜くということを繰り返し、なんなく飯岡に到着。
ちなみにエースに牽かせるってのは、先日のtawagoto氏不在の飲み会にてishitakaさんのご提案・全員一致で決定したAYSの大方針。仮にtawagoto氏が出席していたとしても問答無用で決まったと思うけど。笑
まぁとにかく懸案の向かい風を難無くクリアできたことについてtawagotoさんに深謝!

そして、最後の懸案事項は坂道。
銚子センチュリーの上り坂は、ヒルクラでも何でもない単なる坂道ながら、先般のプレセンチュリーライドでヘロヘロになっていたので、どうにも対策の施しようのない大きな懸案と認識していた。
が、覚悟していたほど苦しまずに登れてひと安心。実際に走ってみて初めて分かったが、決してレースではないわけで、平地でも坂道でも力まずのんびり走る人が多く、それがリラックスに繋がった。
普通の人よりも登板能力が著しく劣るという現実を突き付けられることなく上り坂をクリアできたのは、それだけで大満足で、参加して良かったと思えた。
なお、ここでもtawagotoさんに感謝。後ろから登りの見本を見せていただきました。

以上3つの懸案事項は、案ずるより産むが易しと言って良い感じだった。ホントに良かった~。

お楽しみのお昼ご飯は、犬吠埼を下った君ケ浜しおさい公園の先を上った辺り。ishitakaさんとtawagotoさんが前回入ったとの店。
海鮮丼。美味くて大盛り。満足!

madone


今回、あんまり途中の写真無いんだよな~。走りを楽しむのに集中し過ぎ?
そんな中、予定より早い到着で、憩いのひとときっぽい雰囲気のCP3。

madone


すっかり青空♪

madone


パンダーニを纏った頼りがいのある背中はaraitaさん

madone


みんなの自転車とtawagotoさん

madone


そして、この後クライマックスへ!
この日最も盛り上がったのは、とどめのアップダウンで最も苦しむと思われたCP3以降。
確かにきつい場面はあったけど、高速巡航できた場面も結構あって、すっかりランナーズハイ。
最後の最後でふとしたことからtawagotoさんとaraitaさんがぶっ飛んで遥か先に行ってしまったり、交差点で車列に阻まれてishitakaさんに置いていかれ、2台のロードを引き連れてスパートする姿を数十メートル先に見ながらどうしても追いつかないとか色々あったが、ゴール直前の一番最後の信号でishitakaさんとともにエースと総監督になんとか追い付き(待っててくれた?)ゴール!
膝を傷めて途中下がり気味だったオヤジさんも5分足らずしてゴール!

楽しかった~!疲労しつつも脚が回り続ける感覚がとても気持ち良かった。
見知らぬ数台の後ろを上っていたときにクライマー体型のショップジャージが横を颯爽と抜いていった。こういう人を追いかけて追い抜いたりするのって快感なんだなぁ。初めての感覚。笑

完走証と記念品をいただき記念撮影。自転車を整列~。

madone


madone


madone


以上!! 今回のイベントをきっかけに自転車の新しい楽しみを見つけられるかなぁ。
スポンサーサイト

Category: サイクリング!

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (6)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Comments

たまにはイベントも・・

先日はお疲れ様&有難うございました。
イベントに誘った張本人として楽しんで
いただけるのかが心配でした。
結果、天候も回復し大きなトラブルもなく?
全員で完走できた事と楽しんでいただいた
様子で安心しております。
 たまにはイベントもいいでしょ?
 いずれ都合を合わせて佐渡の210㎞に
参加しましょうよ! デカいイベントは
また違った感動を与えてくれますよ~!

Posted at 09:06:22 2013/06/04 by ishitaka

Comments

お疲れ様でした!

お疲れ様でした。
イベントでの走行は、各集団が入り混じっての走行となるので本当に
各ローディーの交通マナーが重要だと感じました。またレースではないので
参加した皆さんと兎に角一緒にゴールをする、途中トラブルがあっても一緒に対応することが大事だと改めて思い起こされました。
T.Aさんの登板は全く問題なくとてもついて行けるような状態ではありませんでしたよ(笑)
また、最後のアップダウンバトル?で自転車女子にサーッといかれた時には
くそっ!と思いながらも逆に楽しくなりました。
その自転車女子に付いて行って追い抜く機会を伺っていたオヤジ二人の光景は、外部から見ていたら、これまた面白い光景だったんでしょうね。
今後とも宜しくお願いします。

Posted at 09:46:45 2013/06/04 by araita

Comments

ishitakaさん、こんばんは。

いやいやホントに今回銚子センチュリーの案内をいただいて感謝しております!
お陰様で新たな世界を堪能しましたよ!
いつものメンバー以外の人と走るのも、刺激になってスゴい楽しかったしなぁ。
最後、ishitakaさんに追い付けなかったのは悔しかったけど、後ろから超カッコいい牽きも見れたし、とにかくご一緒させていただいて良かったです。
ん?佐渡はどうかなぁ…。大イベントに出たい思いは結構強いけど、やっぱヤマは苦手~^_^;

Posted at 20:31:07 2013/06/04 by T.A

Comments

araitaさん、こんばんは。

イベントで学ぶところは多いですね~。
ワタシ、ドーバーの高速下りで某チャリンコ屋さんジャージに直前割り込まれて死ぬかと思いましたが、ホントにコワいと思ったのは、ソロライドの下りでコワい思いをしたら、間違いなくスピードを緩めて安全に走ろうとするところ、ンナロー!ってスピード上げてラリアート喰らわしてやりたくなった自分かも。熱くなるとヤバいことを学びました。ウチのエースもっと熱いけど。笑
え?抜かされた女子に食い付いたのは、自分とaraitaさんだけっすか?取り乱しまして(_ _)
登板問題なし~?おだてたって一緒に山登りしたりしませんよ!笑

Posted at 20:35:05 2013/06/04 by T.A

Comments

出たかったなあ・・・

お疲れさまでした。
できれば出たいイベントでした。みなさん無事完走
でき、楽しいイベントだったようですね。
スタートはちょっと天気も???だったみたいですが、
後半はいい天気になったことだし。
夜のココスもなんとか駆けつけたいところでしたが、
なんせ我が家の状態が・・・ せっかく近い場所に
おいでいただいていたのに申し訳ないです。

Posted at 02:32:42 2013/06/05 by Tomy

Comments

Tomyさん、おはようございます。

家を出られないなら我々が伺いますよ。って言うくらい、お宅の近くを通ったんだと思います。笑
ヘンな時間にお誘いしてすいませんでした^_^;
そうですね~。今回ぜひご一緒させていただきたかったです。
けど、こんな機会はこれから幾らでもあるでしょうから、楽しみにしてます!

Posted at 07:08:44 2013/06/05 by T.A

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する