2016 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2016 06

手賀沼の白鳥と月間1,000km

 【30//2016】

5/29(日)。ごば蔵さんとりょうたパパさんが筑波山を走るとのことで、ご一緒させていただく予定だったが、前夜の飲み会によりDNS。
が、月間1,000kmが目前。とりあえずそれを達成しとこうと思い、松戸実家発着で手賀沼へ。

madone


北岸の田んぼで白鳥の家族を発見👀

madone


madone


ん?こっちに向かってくる?

madone


田んぼにいると白鳥に見えないような。
どろんこ。笑

madone


きれいに整列した。かわいいなぁ~

madone


遊歩道に上がってきた。

madone


madone


遊歩道を横切って手賀沼へ。

madone


madone


madone


お父さんも後からのんびり合流。

madone


癒やされた~~~




ちょっと前に、藤の花が咲き始めたと思ったのに、もう緑の屋根。

madone


一般道を横切り、短い激坂を登って、高台の公園へ。

madone


madone


madone


これで5月の走行距離は1,012kmと、辛うじて1,000kmを超えた。
5月は、一年間で唯一月間1,000kmを達成する可能性があると思っていたので良かった~。

5月の走行距離の半分以上はチバイチ。それ以外も粕尾峠~前日光牧場~古峯神社、それに鶴峠~松姫峠と、かなり楽しく印象的なサイクリングができた月だったな。

madone
スポンサーサイト

Category: サイクリング!

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (10)Trackbacks (-) | トップへ戻る

鶴峠~松姫峠。オプション風張峠はキャンセル

 【22//2016】

5/21(土)。越谷走り出しの気温は11~12℃。
ジレ、アームカバー、ニーウォーマー、フルフィンガーグローブでスタート。

3時間弱かけて武蔵五日市駅に到着。
帰宅後にルートラボを見ると、武蔵五日市駅付近の標高は約200m。(以下、標高と武蔵五日市駅からの距離の記載は、全て帰宅後にルートラボでザッと見た数値)

ここからがお楽しみ。桧原街道へ。
が、その前に1kmほど進んだ所にあるファミマへ。
ガッツリ朝飯とコーヒーでまったり1時間近くも休憩。

再出発して桧原街道を西へ。

madone


madone


上川乗交差点(標高約450m・駅から約17km)を左折して、桧原街道を離脱。

madone


桧原街道は何台かのロードが走っていた。
みんな都民の森、風張峠に向かうようで交差点を直進。
ここで左折したのは自分だけ。
そう言えば、鶴峠を越えるまで一回もロードは見なかったな~。

ここから上り。キツい。以前は、こんなにキツく感じなかったけど‥
やはり増量の影響はかなり大きいか。

やっとの思いでトンネル(標高約620m・駅から約20km)。

madone


甲武トンネルを抜けると山梨県。

madone


暫し下って、K18の交差点(標高約350m・駅から約26km)。
K18を丹波山村・小菅村方面へ。

madone


このK18が素晴らしい。山々に囲まれ広くきれいな舗装路が続く部分。集落の生活道路部分。林道部分。走っていて全く飽きが来ない。大のお気に入り。
徐々に高度を上げていき、最終的に鶴峠を越えていくが、鶴峠への上りの前に、小振りながらかなりえげつない坂道を上り下る。

madone


madone


小菅村にイン。

madone


K18に入って何回目かの上りがいよいよ鶴峠への上り。
途中の小菅村案内板には、鶴峠の標高は850mと書かれてた。
途中キツくなり、GARMINの勾配・高度表示を見ながら走る。GARMINに汗がポタポタ落ちる。
あちぃ。けど気持ちいい。
途中どんなにキツくても、峠が近くなると、嬉しさと寂しさが入り混じった気持ちに。

で、鶴峠に到着。(駅から約42km)

madone


なんだかバス停の表示板の向きが変わったような‥
ここはバス停以外に何もないので、写真を撮ったらすぐ出発。

一旦下り切ってから上り返し、松姫峠への分岐の交差点に到着。(駅から約46km)

madone


交差点近くで自販機休憩。

松姫峠は初めて。
松姫トンネルが完成して、旧道の峠道が通行止めになっているが、いろいろネットを見ると、どうやら小菅側から松姫峠までは走ることが可能であるらしい。
本当は大月から小菅まで全線を走りたいが、松姫峠まで行けるだけでもありがたい。

暫し休憩して再出発。

というところで、どうもお腹の調子が‥。この日はどうも調子がイマイチっぽく。

そのまま、松姫峠まで登ってしまうか迷ったが、「道の駅こすげ」まで2kmという標識があったので、小菅村の街中方面に下りていく。

2kmも走るとずいぶん坂を下ってしまった‥
が、緑に囲まれた素晴らしい道の駅。ここでちょっと休憩。

休憩後、来た道を登り、再び松姫峠への分岐の交差点に到着。
ここの標高は約760m。先ほどの小菅村案内板には、松姫峠の標高は1,250mと書かれてたので、約500mの上り。
ちなみに峠までは約6.5kmの道のり。

madone


いよいよ松姫峠へ。
いきなり16%の上り。が、あっという間に終わり、基本的に5、6、7%くらいが続く感じ。

松姫峠まで通行可能。ありがたや。

madone


峠から大月方面は通行止めなので、クルマは通らない。ちょっとクマが怖いけど(汗)
道は概ね綺麗で走りやすい。

madone


madone


クルマが見えてきた。ピークらしい。

madone


正面は通行止めの鉄柵。

madone


松姫峠の碑の前で写真を撮ろうとしたら、年配の人たちのグループが碑の前の石段に腰掛けて、弁当タイム中。

どうしようかなぁと思ったが、ここまで来て写真無しでは帰れないし、いつまで待ってもいられない。
だいたい食べ終わられていたようだったので、「食べ終わってからで結構ですので、そこで写真を撮らせていただけませんか?」と。
恐縮されてしまい、こちらが恐縮。
一斉に片付けてくださり、無事、写真タイム。

madone


グループの男性が寄って来られ、自分とMadoneを撮ってくれた。

ここは登山ルートになっているようで、駐車してるクルマも登山者のもののよう。バイオトイレもあった。

景色は、やや霞んでいてイマイチ見渡せず。
ピークでの風景写真は割愛して下りへ。

下りの途中、大寺山山頂の仏舎利塔が眼下に見えた。

山頂の白い点が仏舎利塔。大寺山の標高は960m。

madone


更に下る。前方の山に道路が見えた。方向的には鶴峠あたりかな。

madone


さっきの「道の駅こすげ」まで下って、冷やし肉うどんの昼飯。

更に下って、小菅村のメインストリート。

madone


東京都に復帰。

madone


深山橋の手前を右折、奥多摩周遊道路から風張峠に登りたかったが、腹痛にて遺憾ながらキャンセル。深山橋を渡る。

madone


madone


奥多摩湖の標高は約540m。後は延々下り基調。

青梅駅の手前まで下って左折。
小曽木街道を北東方向に進む。延々下りでいい調子。
その後、飯能、日高、川越から上江橋で荒川を渡る。

madone


大宮、さいたまスタジアムを抜けて、自宅まで残り5kmで土砂降り。

ハンドル下側に付けたVOLT800を背中ポケットにしまい、トップチューブバッグのモバイルバッテリーをタオルハンカチでくるんで、雨で身体を冷ましながら、気持ち良く帰宅。

今日は峠を走っていて気になった所をみてもらいにショップへ。
軽く調整してもらい、有用なタイヤ情報を提供いただいた。

madone

Category: ロングライド!!

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (8)Trackbacks (-) | トップへ戻る

粕尾峠~古峯神社。オプションで前日光牧場

 【15//2016】

5/14(土)。
栃木県を走るときの定番ルート(旧4~渡良瀬川CR)で渡良瀬川の藤岡大橋まで行き、そこからK11、K309からK32。
東北道 栃木ICを過ぎて、R293との交差点にあるファミマで明太子スパ、ミックスサンド、ファミチキ、バナナオレ、コーヒーの補給&まったり休憩。明らかにカロリー過剰摂取。休み過ぎ。

R293を越えると、お気に入りの風景が始まる。

madone


大越路トンネルを通り、突き当たりK15を足尾方面へ。

madone


madone


粕尾路を行く。
ほんのちょっとずつ高度が上がる。
思川沿い、益々いい景色。

madone


madone


いつもの場所で自販機休憩。

madone


休んでいたら、お宅から奥さんが出てきた。
前日光牧場に咲いている花のことを聞いたり‥。ぜひ行ってみたいと思います~。
とは言ったものの、どうしようかな‥

再出発。だんだん勾配が急になる。
いつもながらきつい。
が、ゆっくりながら淡々と登る。
この時間が好きだなぁ。

‥とは言え、やっぱきつい。
増量分だけ更にきつい。
登るモチベーションは、バンガロロで自販機休憩することのみになってきた。

madone


ついた、バンガロロ山ノ神入。

madone


わきの自販機&トイレ休憩。

madone


休憩しても、その後の勾配がゆるむわけではない。

madone


ようやく九十九折り。勾配が緩む。
ここは九十九折り愛好家として、のんびり楽しみたい。

madone


38番カーブまでこなし、粕尾峠到着。

madone


到着直前に追い抜いていったロードの男性と少し話をする。
ここが粕尾峠でしたっけ?そうですよ。
峠の表示がないので、確認してみた。
男性は前日光牧場往復すると言って、更に登って行った。


粕尾峠には3本の道が集まっている。
1本は、K15でいま栃木から登ってきた道。
もう1本は、そのままK15で群馬県の足尾に下る道。
そしてもう1本は、峠から更に登っていく道。
その先は、前日光牧場方面と古峯神社方面に別れる。

初めてこの峠に登ってきたときは、粕尾峠までは今回と同じルート。
その後、前日光牧場まで登り、粕尾峠に戻ってきてから足尾に下って、R122を渡良瀬渓谷沿いに桐生方面に走った。

2回目は、今回と同様に粕尾峠まで登り、そのまま足尾に下って、R122を日光方面に走り、細尾峠を越えて、いろは坂を登った。

今回は、前日光牧場まで登り、古峯神社方面に下る。くま自販機の奥さんのおすすめに従って牧場まで登ってみよう。

再出発。
粕尾峠からの直線的上りがまたきつい。

何とかピークに到達して下り、前日光牧場のある横根高原と古峯神社のある古峰ヶ原高原への分岐。

madone


横根方面に進み、登り返し。
ほどなく牧場道。
牧場直前で、先ほどのロードの男性とすれ違いの挨拶。

madone


前日光牧場に到着。
標高が高いだけあって気温がだいぶ低い。12~13℃で風が吹いていたので寒かった。

男女2人組に声を掛けられ、どこから来てどこに行くのか、競輪関係者かなどなど聞かれたり、越谷からの自走に驚かれたり‥
標高の表示板の前に自転車を立てかけて写真を撮ろうとしていたら、女性の方が駆け寄ってきて、自転車と一緒に自分も撮ってくれた。
カメラで2枚、スマホで2枚。撮れた写真は全部鼻の下がのびてた。

ブログ掲載は、チャリのみの写真。

madone


その後、年配のおばちゃんたちからも声を掛けられた。元気のいい人たち。自転車を羨ましがられた。

そして、ベンチでコーラを飲んでいたら、目の前のベンチに座ったSPECIALIZEDの男性のジャージに見覚えがあったので、声を掛け少し言葉を交わした。

くま自販機の奥さんと話をした結果、ずいぶん色んな人と話ができたな。

さてここから下り。
ジレを着用。持ってきて良かった。

madone


途中、一箇所上りがあったが、それ以外ずっと下り。

古峯神社に到着して、少しだけ自転車を押し歩いた。
とても素晴らしい神社。また訪れたい。

madone


更に坂を下り、とても大きな一の鳥居。

madone


だいぶ下ったが、標高はまだ200~300m。軽い下り勾配で、風向きはイマイチながらそこそこスピード維持。

麦がきれい。

madone


madone


新鹿沼に近い所まで降りたら南下。
栃木市街地に戻ってきた。

栃木市街地からぐるっと100km2000upって感じかな。
往路と同じルートで約70km走って帰宅。

Category: ロングライド!!

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (10)Trackbacks (-) | トップへ戻る

千葉県一周は530km?

 【09//2016】

先日の千葉県一周520kmサイクリングの走行データをGarmin Expressから取り込んだ。

Garmin Connectを開く…
お~?鴨川辺りが直線表示になってる!

madone


拡大すると、一部ラップがとれてない。。。

madone


あ、GARMINのスタートスイッチ押し忘れ区間か。
ほんの数kmと思ってたけど、そこそこ長かったんだなぁ~

ルートラボでこの区間を検証してみた。
正しい道のりは50kmのところ、直線になったことで40kmになってた。
直線データを取り込んでくれたことで、距離の誤差は10kmで済んだってことか…
確かに予めルートラボでルート作成したときは530kmだったもんな~。

madone




ちっ、距離10kmと標高480m損した( ̄∇ ̄)


Category: 日記

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (4)Trackbacks (-) | トップへ戻る

千葉県一周520kmサイクリング

 【08//2016】

このGWの機会に、自転車で千葉県を一周した。

ルートはずいぶん前に作成していたが、500km超になることや、一般道と河川CRの組み合わせでルートとして面白みに欠けるとの思いから、しばらく放置してた。

が、あらためてルートを眺めたりしているうちに、千葉県の最東端、最西端、最南端、最北端の各地点を一度のサイクリングで巡るということをやってみても良いのではないかと思った。千葉県におけるチャリンコグランドスラム的な‥。
それに、県境が概ね河川や海となっている千葉県は、県を一周するルートを作成しやすいわけで、それをサイクリングに活かさない手はないだろうと。

ルート概要は、ざっくり次のとおり。

1.松戸市内実家から流山橋へ
2.流山橋から江戸川を下る
3.東京湾側、内房を南下
4.最西端:洲埼灯台
5.最南端:野島崎灯台
6.太平洋側、外房を北上
7.最東端:犬吠埼灯台
8.利根川を遡る
9.最北端:関宿城
10.流山橋まで江戸川を下る
11.流山橋から松戸市内実家へ



5月5日(木)4時15分頃、実家スタート。
新松戸、南流山を抜けて、流山橋で江戸川にイン。

madone


左岸を下流に走り、新葛飾橋で右岸に渡って、更に下流へ。

ポニーの先で水門を渡り、旧江戸川左岸沿いの一般道を南下。
すると、ディズニーに近付いたところで、CATEYE540のレンズ部分が落下した。はめ込んでもすぐに外れてしまう状態。
幸い近くにローソンがあったので、ガムテープを買って応急措置。時刻は6時。

madone


再スタート。ディズニーやホテル群の外側を周回。

madone


madone


新浦安、市川塩浜を抜け、R357歩道を10km近くまったり走って船橋ららぽーと。
若松団地内で迷子になりつつ、マリンスタジアム、稲毛海岸へ。稲毛海岸通過は7時半。

madone


千葉みなとからR14~357。蘇我からは一本内陸側の県道を南下。

木更津港を通過したのは9時20分頃。

madone


K90のミニストップイートインで割と長めの休憩を取った後、富津岬に向かう。

富津岬は、犬吠埼と並んで房総半島を形作る特徴的な地形であると小学生の頃から考えているので、千葉県一周というからには、横着して省略せずに、ちゃんと先っちょまで走っとこう。ついでに展望台に登っとこう。

富津岬に向かう渋滞の脇を安全に通り抜け、富津岬到着は10時半。

madone


madone


東京湾観音辺りまで来ると緩やかなアップダウンが始まる。
新舞子海水浴場近くの商店のベンチで梨ジュース休憩。

ほどなくR127にインして南下。
竹岡式ラーメンの梅乃家の良い匂いを嗅ぎつつ入店待ち行列を横目に見ながら走り、その少し先、竹岡駅辺りだったかな、大渋滞。
渋滞は、金谷港を越えて、鋸山ロープウェイまで続いてた。おつかれさま。
保田、勝山、岩井、富浦を通り抜け、館山へ。

崖観音の駐車場でジュース休憩は13時。

madone


館山に入ってから結構長かった気がするが、14時ちょっと前、最西端の洲埼灯台に到着。なかなかの見晴らしだった。

madone


madone


灯台を出発し、野島崎に向けて少し進むと洲埼神社。
長い石段があり、海に向かってここも見晴らしが良さそう。

madone


スーパーの駐車場でジュース休憩を取りつつ、房総フラワーラインを走る。
南房パラダイスを14時20分頃通過。

madone


そして15時ちょっと前、最南端の野島崎灯台に到着。

madone


ここから進路は北向き。向かい風に悩まされることもないとひと安心。
目指すは遥か犬吠埼、外房を行く。

千倉を過ぎてR128を北上。
ローズマリー公園近くだったかな、店先にいくつかテーブルと椅子のセットが置かれたセブンでまったり休憩。
隣のテーブルでお父さんがお母さんや小学生の子供たちに、ものすごい渋滞だから鴨川で時間潰しするとか話をしていた。よその家族の会話に聞き入ってしまった。

再スタート。鴨川市街を抜け、鴨シー前通過は17時。

madone


ひさびさ勝浦市街。タンタン麺ののぼりを立てた店の多さに驚きつつ、更に北上。
御宿に入る手前のセブンでかなりの時間、休憩タイム。

薄暗くなっていたので、コンタクトやオークリーを外して普通の眼鏡をかけた。そして反射ベストを着用。
日中はかなり暑かったが、半袖ジャージでは肌寒くなり、アームカバーを再装着。指切りグローブを指有りに再変更。
ライトは光量の小さいジェントスでここまで来たが、VOLT800に切り替え(三段階中、最も弱い光で)。

VOLT800はカートリッジバッテリーを別に1つ持っていたし、CATEYE540も装備していた。
が、結局今回カートリッジバッテリーもCATEYE540も使わずじまい。
これらも使って、もっと明るい光で走っていれば良かった。
ケチってやや暗めで走ったので、25km/h以上スピードを上げる気にならなかった。

御宿、大原、太東を過ぎ、19時半頃、一宮の東浪見で九十九里ビーチラインにイン。

なんでこんなに時間かかったんだろと思いながら、九十九里町片貝海岸近くのファミマ到着は20時45分。

madone


反射ベストの下にジレを着用。
ふくらはぎ辺り素肌を晒して寒さを感じたのでSKINSカーフタイツを再装着。
その他スマホを見たり、おにぎりを食べたり、のったらのったら休憩。30分くらい滞在?

蓮沼、匝瑳等を抜けて、旭のセブンでまた休憩。珈琲のみ。

九十九里ビーチラインを走り切ってR126へ。
飯岡から銚子の台地は、カーブ・アップダウンの連続。
リアライト3つを点灯し、反射ベストを装着していたので、かなり目立ったと思う。後方からのクルマたちは大きく自分を避けて追い抜いてくれたし。
だが、真っ暗闇の狭い道で、スピードを上げて走るクルマに抜かれるのは、やはりかなりのストレス。

ドーバーライン辺りまで来ると、走るクルマは居なくなった。
ただ、それはそれで怖い。お化けが怖い。暗闇の下り坂落車も怖い。
ドーバーラインの連続坂道を慎重に下り上る。

その先、走り慣れたはずの道で何故か迷いながら、0時ちょい過ぎ、ようやく最東端、犬吠埼に到着。

madone


夜間の灯台を間近に見たのは初めてだったが、長大な光の筋が回転しながら遠方まで4方向を照らすのは、凄い迫力。暫し見とれてしまった。

が、やはりお化けが怖い。
自販機のジュースをとっとと飲み干して出発。

君ヶ浜で振り返って灯台を見ると、光の筋はやはり素晴らしかった。また見たい。

軽くアップダウンして銚子港通過は0時半。

madone


次なる目的地は、最北端の関宿城。
しばらく利根川沿いR356を西に向けて走るが、一部バイパス区間で、ほぼ全てのクルマが信号無視して凄いスピードで走り抜ける信じられない交差点があり、またもや怖じ気づく。
クルマが来たら歩道に逃げるつもりで、後方を気にしつつ走行。

利根川大橋で利根川右岸のCRへ。が、その前にファミマ休憩。

休憩後の1時50分、漆黒の利根川CRにイン。右岸を遡る。

madone


ここはひたすら走るのみ。が、スピードは上がらない。
CRに入り眠気を感じて、所々で止まって、ストレッチをしたり…

やがて後方の空が白み始め、2回目の朝。
若草大橋4時半。

madone


R6の橋で取手に渡り、江戸川学園の前の道を進み、学校手前のセブンで朝ご飯。それと眠気覚ましを兼ねて、洗顔&歯磨き。

学校の横から利根川左岸CRにイン。そのちょっと先の新大利根橋で再度右岸へ。6時ちょい過ぎ。

madone


一部K7を挟み、利根川右岸CRを進む。
いつからだろう。右足首痛と尻痛。

そして7時45分、最北端の関宿城到着。

madone


madone


とりあえず東西南北の各地点を走り切って、まったりジュース休憩。

後は、今回の起点・終点である流山橋に戻り、実家にゴールするだけ。

疲労感はあったものの、特に大きな問題もなく、流山橋に到着。

madone


そして9時45分頃、無事実家に帰宅。



GARMINの走行距離は522.95km。
途中何度かスタートスイッチ押し忘れで、本来はもう少し長いはずだが、大勢に影響なし。
獲得標高はさすがド平坦千葉の周回ルート。走行距離に比してかなり控えめ1,700mちょいのup。
この間、事故、故障等のトラブルもパンクもなかったのは何より。(CATEYE540のレンズ部分が外れたくらいか。)
なお、GARMINは800を使用し、走行中に2回充電した。500は予備で、Madoneに装備するも電源オフのまま使用しなかった。
記録は以上。

520kmはそれなりに長かった。
けれども、実家から今般のルート上の各所に直接向かうとすると野島崎灯台辺りが最も遠いが、せいぜい150km。
犬吠埼は100km、富津岬は90km、片貝海岸は70kmといった具合で、それほど遠くない勝手知ったる地点をぐるりとひとまわりしただけのこと。
もしDNFして自走帰宅しようと思ったとすれば、どの地点からでも割と簡単にできる。
そんなことを踏まえると、自分としては「お手軽超ロング」というのが今回のサイクリングに対する率直な感想。

◆  続きを読む  ◆

Category: ロングライド!!

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (4)Trackbacks (-) | トップへ戻る