2016 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2016 05

三浦半島一周

 【30//2016】

今日はひさびさに三浦半島一周。
当初は、栃木の粕尾方面でも走るつもりだったが、北風のち南風の予報に怖じ気づき、南方面にチェンジ。

越谷からR4で日本橋、新橋から第一京浜で横浜。横浜からR16で横須賀に南下して、時計回りルート。

観音崎灯台へ。
富津の東京湾観音が見えた。

madone


観音崎公園内の砲台跡。

madone


久里浜、三浦海岸等を抜けて、城ヶ島へ。
細かなアップダウンが結構応えた。

madone


しぶき亭で昼飯。

madone


まぐろカツ定食とサービスのゲソ天。

madone


madone


城ヶ島大橋からの一枚。水がきれい。

madone


まぐろカツ定食、ボリュームあり過ぎ。
苦しみながら、三崎口、秋谷、葉山、逗子を走り、鎌倉へ。

madone


鎌倉街道で横浜に戻り、三浦いちコンプリート。
横浜からは来た道と同じ。

荒川についたときは、ほっとしたなぁ~。

madone


ひさびさ200km超え。
さぼり過ぎ。めちゃめちゃ疲れた。
スポンサーサイト

Category: ロングライド!!

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (6)Trackbacks (-) | トップへ戻る

大阪ジョグと利根川CR取手周辺ルート確認

 【25//2016】

4/10(日)から20(水)まで仕事で大阪へ。

期間中は10km朝ジョグ。

madone


土佐堀川沿い中之島と大阪城を周回するルートは実に快適だった。

madone


madone


大阪入りしたときはちょうど造幣局の桜の通り抜け期間中。

madone


madone


大阪の気になるショップを訪問したり、

madone


madone


madone


仕事が終わると、夜な夜な梅田、北新地、心斎橋、なんば、新世界、天王寺をぶらぶら散策し、

madone

madone


madone


madone


madone


madone


日曜日には、高校修学旅行以来の京都へ繰り出す。

madone


madone


madone


madone


madone


madone


madone


中でも京都最古の寺院、広隆寺の弥勒菩薩半跏像、宝冠弥勒は素晴らしかった。安らいだ。

madone


madone


老舗のきつねうどん、串カツ、京都ラーメンなどなど安くて美味しいものを堪能。

madone


madone


madone


最終日は名残惜しさいっぱいで帰宅した。

ということで、しばし自転車から遠ざかってしまった。

4/23(土)のこと。利根川CRの取手周辺ルートを前々から確認しておきたかったので、松戸実家発着にてそのリサーチポタへ。

手賀沼北側の一般道を東に向かい、栄橋の少し下流から利根川右岸へ。

madone


madone


常磐線をくぐり、R6大利根橋を渡って、江戸川学園取手高校の道へ。


madone


同高校の脇から左岸CRへ。


madone


madone


新大利根橋を渡り、利根運河へ。

madone


江戸川学園取手高校辺りは初めてだった。
なるほどね~。また使おう。

予定としては、今週木曜日から11連休。
どれだけ走れるかな…

Category: サイクリング!

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (2)Trackbacks (-) | トップへ戻る

福岡堰の桜

 【09//2016】

来週出張で、午後はその準備をするので、近場ポタ。

薄手長袖ジャージの下にモンベルジオライン最薄の長袖アンダー。ジレを羽織って朝7時頃に出発。
野田橋、芽吹大橋で茨城県に入り、R354等で福岡堰に向かう。

福岡堰1km手前でパンク。
急に車輪からカラカラと異音が鳴り出して、確認すると後輪に針金が刺さってた。
ちょうど一昨日、ポンプを軽さ・小ささ重視のやつから使いやすさ重視のやつに付け替えたところでlucky!

madone


楽々8barまで注入。

madone


日差しが明るく暖かい。春爛漫。
作業はちゃちゃっと終了。パンク修理日和。

madone


ほどなく福岡堰に到着。
花びらが風に舞って、ずいぶん地面に散っていたが、まだまだきれい。

madone


madone


madone


madone


小貝川右岸CRを下流に向かい、ひさびさ小目沼橋を渡ってみる。

madone


左岸を下流へ。

madone


稲豊橋を渡って南守谷を抜け、新大利根橋を渡り、北柏付近でちょこっと手賀沼CRへ。

帰りは大掘川。ここの桜、小振りながらなかなかの本数。

madone


豊四季、おおたかの森から、一般道で利根運河に出て、玉葉橋を渡り帰宅。

madone

Category: サイクリング!

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (4)Trackbacks (-) | トップへ戻る

元荒川、権現堂堤、見沼代用水を桜ポタ&佐野ラーメン

 【03//2016】

4/2(土)のこと。当初は神奈川方面に行こうと思っていたが、埼玉北部や栃木の天気が比較的良さそうだったので、佐野方面に向かうことにした。

せっかくなので、桜でも見ながら走ろう。

ということで、地元越谷、元荒川の桜並木へ。
相変わらず見事な桜並木。
だいぶ年数が経っているけど、まだまだ毎年春に楽しませてほしい。実家界隈では老木(?)があちこちで切られてしまってるので、ちょっと心配。

madone


madone


madone


元荒川とR4の交差点からR4を北上。旧道との交差点から旧道を北上。

旧道を北上するからには、権現堂に寄らない手はない。
幸手市街地を抜けて、権現堂堤に9時前に着いたら、駐車場には既にたくさんのクルマ。
桜並木の下は、かなりの人が歩いていたので、並木の外側の道へ。自転車押し歩き。

madone


少し進むと菜の花畑。

madone


madone


権現堂堤の桜は初めて見た。有名なだけあってさすがに見事。人出もすごいけど。

権現堂川沿いの桜並木を北上した。

madone


左手を見るといつものR4旧道。
こんないい道があったとは、知らなかったな。

利根川右岸に出た。
利根川橋の下流寄りの歩道で左岸に渡り、渡良瀬川沿いのCRにイン。

この時点で頭の中は佐野ラーメンでいっぱい。
宝来軒、森田屋総本店、田村屋のどこへ行こう。

佐野市街地に入り、宝来軒が一番近いけど、この前行ったから、森田屋総本店だ!という結論。
どこに入るにせよ開店の11時までに着かないと混んでしまう。ダッシュ!

懸命にペダルを回し、交差点を左折してちょっと走って到着!
のはずが、思っていた場所に店がない…
間違えた?

あ~、間違えた。多分もっと先の交差点を左折だった。

開店時刻は近い。曖昧な記憶をもとに森田屋総本店に向かうのは止め。
ほかの二店よりちょっと遠いけど、記憶明確・一番好きな田村屋に行き先変更。再ダッシュ!

無事、開店2分前に到着。
チャーシュー麺と餃子。

madone


madone


麺、スープ、チャーシュー全てがお気に入り。餃子も皮・餡ともに最高。堪能しました。
入店後まもなく満席になり、店を出たときは入店待ちの列が。早く着いて良かった。

madone


お腹いっぱいで気は進まなかったが、カロリー消費に唐沢山へ。

田村屋の裏手から登るルート。
いつもは田村屋に向かうために下るルート。登るのは初めて。

のんびり登る。が、きつい!
そりゃそうだ。11/21の日光以来の山登り。最近、距離も走ってないし…。

途中で降りたくなったが、どうにか登頂。

madone


madone


帰りは見沼代用水沿いに帰ることにして南下。

館林を過ぎて、茂林寺に立ち寄り。

madone


madone


ここは分福茶釜ゆかりのお寺とのこと。

madone


madone


R122昭和橋で利根川を渡って埼玉復帰。
菜の花真っ盛りな右岸CRを3kmほど西へ。

madone


見沼代用水沿いの緑のヘルシーロードを南下。

20kmほど南下して旧菖蒲町役場を過ぎると、延々と桜並木。

桜は比較的小さめで、並木が途切れる区間はあるものの、それでも旧菖蒲町から芝川CRに繋がる見沼通船堀まで(ざっくり30kmくらい?)、かなりの部分が桜並木になっていて、見応えは十分。

madone


madone


madone


madone


madone


madone


終点まで走り切った。

madone


通船堀も満開。

madone


ここから自宅まで数km。
薄暗くなった街中で、新たに導入したライト「VOLT800」を使ってみた。
本来、夜間でのロー200ルーメン(約8時間使用可能)の使い心地を試したかったが、帰宅までの道のりでは真っ暗にならずイマイチ目的は果たせず。
ハイになってるのかローになってるのか区別がつきにくかった。馴れかな。

帰宅後速やかにざっと掃除して終了。

madone


今日は筋肉の張りと疲労感。もっと乗らないと~

Category: サイクリング!

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (4)Trackbacks (-) | トップへ戻る