2015 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2015 12

日光へ

 【22//2015】

三連休初日の21(土)。

日中は20℃程度まで上がる予報で、日光でもそこそこ高くなりそうだったので、ウエアの選択が難しかった。
いろいろと考えた挙げ句、上半身はやや薄手のGORE長袖ジャージの下にモンベルジオラインのL.W.長袖。
下半身はRaphaの短パンビブ+ニーウォーマーにSKINSの脹ら脛サポート。
それに薄手のソックスとグローブを2枚重ね。
そしてサドルバッグには、UNIQLOダウンベスト、CW-X長袖アンダー、イアーウォーマー、つま先用ホッカイロ。

結局、時間帯や場面に応じて脱着を繰り返し、イアーウォーマー以外はフル活用。思いのほか日光での気温が高く、長い下り用のダウンベストは無くても問題なかったかな。

できるだけ早く帰宅したかったので、未明出発。

旧R4を北上し、場所により霧で視界10mの渡良瀬遊水地を抜けて、栃木市街地のすき家で補給休憩。気温は5℃くらい。
K32に入って栃木IC先のミニストップとR293との交差点のファミマでも休憩し、栃木でまったり1時間ほど過ごしてしまった。

ファミマを出ると、空はだいぶ明るくなってた。

madone


振り向くとうっすら朝日。

madone


大越路トンネルの先、K15とのT字路を左折。
思川沿い、谷あいの道を徐々に高度を上げていく。

madone


madone


K15を10kmほど走ると、勾配はだいぶ急になってくる。
勾配が本格化する辺り、上粕尾小付近でちょい休憩。
気温は6℃ながら暑い!

madone


10%が長く続かないのが救いだが、走行距離は既に100kmを超えて、そこそこ疲労困憊。

お馴染みのバンガロロ山ノ神入。

madone


九十九折り区間に突入。
ここまで来ると、ピークまでは5kmほど。

madone


ひいひい登る。

madone


madone


そしてピーク。
粕尾峠到着。

madone


madone


madone


峠を反対側に10kmほど下り、R122足尾へ。

madone


途中、セーブオントイレ休憩を挟みつつ、R122を8kmくらいダラダラ上りを北上していくと、旧道の標識。
まっすぐ進むと日足トンネルで日光に抜けられるが、ヒルクラ愛好家としてはもちろん旧道へ。(ヒルクライマーとは言えないながら、ヒルクラ愛好家くらいならOKかなぁと)

madone


長い長い峠道!

madone


緩めの勾配が延々と九十九折れてる。
九十九折れ愛好家としては非常にワクワク!

madone


madone


ピークまで4kmほどだが、意外に長い。まだまだ登る。

madone


まだまだ九十九折れる!

madone


ピークのちょい手前に古い標識。

madone


ピーク!細尾峠到着。

madone


下りは、ウエットな路面に落ち葉や泥や折れた小枝で、10~20km/hで慎重にダウンヒル。

madone


madone


R122に合流し、R120交差点を左折。

madone


ここから3kmほどダラダラ上りをやり過ごし、馬返し駐車場でトイレ休憩後、九十九折れ愛好家として、この日一番のお楽しみいろは坂へGO!

madone


madone


madone


今日は朝一の粕尾峠以来ちょい腰が痛む。黒髪平で休憩。

madone


そして2kmほどで明智平。

madone


トンネルを抜けて中禅寺湖。

madone


madone


10年以上ぶり?華厳の滝へ。

madone


付近の売店で、野菜ときのこのすいとん。うまかったなぁ。

madone


帰りは第一いろは坂から。
ここからは延々下り基調で、日光、今市、鹿沼と、ほぼほぼ例幣使街道で栃木に戻り、栃木からは往路と同じルートで帰宅。

帰宅間際、思いがけずゼロセブンさんにお目にかかれて、とても嬉しかった。
スポンサーサイト

Category: ロングライド!!

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (4)Trackbacks (-) | トップへ戻る

小湊へ海鮮丼ライド

 【12//2015】

11/7(土)は松戸実家発着。
4:45発で5:20に西船橋着。サンクスでTと待ち合わせ。
予定どおり5:30頃スタート。

浜野から茂原街道、うぐいすラインへ。

うぐいすライン終点(起点?)のセブンでちょい長めに休憩を取って、上総牛久から清澄養老ラインへ。

養老渓谷駅で再びちょい長めの休憩。

madone


清澄養老ラインを走りきって、10時過ぎに安房天津に到着。海辺へ。

madone


madone


安房小湊まで5kmほど北上し、10時半頃に「なかむら」に到着。

madone


店前で時間をつぶして11時に入店。

おらが丼。

madone


新鮮な海鮮を堪能。満足!

復路は小湊から内陸へ。
「内浦山県民の森」の林道から勝浦ダムを抜けてK178へ。

粟又の滝の横を通り養老渓谷へ。
旅館が建ち並ぶ区域の手前のトンネルを通ったときにリアから異音。

止まって原因を探るも、自分もTも老眼でよく見えず。
危険というほどでもないように思えたので、ちょっと気になりながらも再出発。

が、その先、養老渓谷駅に向かう坂道を登りきった辺りでリアタイヤにはっきり違和感。
パンク…。

チューブ交換して張り切ってポンピング500回。
が、ポンプを外したら、バルブの先っちょまで一緒に取れてしまった(泣)
失意の中、念のためTのポンプを使って、ポンピングおかわり。

結局30分ほど(30分以上?)かけてパンク修理を終えて、ちょっと先の養老渓谷駅で往路と同じく長めの休憩。

出発後、北の空の黒い雲が気になり始める。
と思ったら、上総牛久辺りで結構な降り方。
幸い海士有木のちょっと先のファミマで休憩した頃にはだいぶ小降りになったが、レーパンのお尻とシューズがずぶ濡れ。けど、自転車を漕ぐことに集中できて、結構楽しく走れた。

幕張では空腹でふらふら。津田沼ローソンで最後の休憩を取り、西船橋で解散。

楽しかった!今年、Tとあと何回走れるかな…。

Category: ロングライド!!

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

淡々と茂原・東金・八街へ

 【09//2015】

10/31(土)のこと。松戸の実家発着。
ウエアの選択が難しい。
薄手の長袖ジャージの下にメリノウールの半袖アンダー。前半はウインブレを着ていたが、汗ばんで気持ち悪くなり途中で脱いだ。もう少し保温性の高い長袖アンダーがあれば良かった。

千葉を抜けて、うぐいすラインを南下。

madone


madone


うぐいすライン終点(起点?)セブンのあるT字路

madone


R409を東へ。

madone


madone


madone


茂原から長生村の一松海岸に抜けて、海沿いを北上するつもりだったが、向かい風と微妙な寒さに負けた。
茂原市街地手前でR128に乗り換えて北上。15kmほどショートカット。

madone


madone


madone


madone


八街、佐倉を抜けて久々印旛沼CR。

madone


madone


特に見所はなかったが、160kmを淡々と走って終了。

Category: サイクリング!

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

秩父紅葉ライドwith pcblueさん

 【03//2015】

10/25(日)のこと。1年ぶりにpcblueさんと一緒に走ることになった。

行き先は秩父。
この日の走行ルート上のお楽しみポイントは、志賀坂峠への上りから八丁峠へと10km強にわたる上り。それに初めて走る三峰神社への上りからの大血川林道。走るだけじゃなく、紅葉も楽しむ目論見。
なお、ルートラボによると115km・2690up。



道の駅ちちぶで5時に待ち合わせということで、この日は車載。外環~関越花園ルートで1時間半弱程度で到着。
無事pcblueさんと再開を果たしスタート。

秩父駅からまっすぐ西に進み、荒川に架かる橋。夜明けは近い。
きれいな写真。今回の写真は全てpcblueさんのブログから拝借!

madone


R299を西へ。
小鹿野の最終コンビニで休憩を取り、更に西へ

印象的な東京電力新秩父開閉所付近。背中に朝日を浴びる。

madone


赤平川沿いの道を少しずつ勾配を上げて進み、いよいよ志賀坂峠への上りへ。

素晴らしい!
紅葉はもう少しかなと感じたが、朝日に映えた絶景に感動しっ放しで登っていく。時刻は7時過ぎ。朝日もいい!朝のうちに峠道を走る意義はとても大きい。

madone


緩めの勾配を6kmほど登り、志賀坂峠に到着。眼下には、走ってきた谷あいの集落。

madone


madone


志賀坂峠の標高は780m。
ここから八丁峠に向けて登る。

madone


八丁峠に向けては長い九十九折りが常に目に入る。これがまた楽しい。ここまで登ってくると、木々もだいぶ色付いていた。

madone


志賀坂峠から6.5kmほどだったかな。八丁峠に到着。標高は1200ちょい。

madone


志賀坂峠を登り始めるときは、標高1000mを超える二子山を遥か頭上に見上げていたが、八丁峠からはこの山も見下ろすことになる。

八丁トンネルを通り、中津峡側へ。

madone


トンネルを抜けると、黄金色の世界。

madone


ここから延々と下り。ニッチツ鉱山を抜けて中津峡。
澄み切った青空と色とりどりに染まった山々のコントラストに息を飲んでしまう。
中津川右岸を下る頭上高く、左岸の巨大なオーバーハングが覆い被さってくるような箇所も。

madone


下り切ってR140に入り、滝沢ダムの横を抜けるとループ橋を下る。

madone


madone


この後、道の駅大滝温泉で昼食を取り、来た道をちょっと戻って秩父湖経由、三峰神社への上りへ。

madone


志賀坂峠、八丁峠、中津峡の雰囲気と打って変わって、何台ものクルマが横を通り過ぎる上りに軽く閉口。
途中、休憩を挟んで、なんとか三峰神社に到着。
三峰山の山頂に近いのかな。パワースポットと聞いて、荘厳で神秘的なイメージを持っていたが、The 観光地な趣に唖然。
雲取山の登山口があったことにも驚いた。東京、埼玉、山梨に跨がる山にして東京の最高峰。三峰ってそういう位置関係の場所だったのか~。

madone


神社で休憩後、さらに登る。

madone


神社が約1100mだから、なんだかんだ八丁峠の高さくらいまで登り返してきたみたい。

madone


ピークの三峰トンネルを抜けると、そこはまた険しい山や深い谷がダイナミックに連なる素晴らしい景観。
目の前に現れる見事な景色にいちいち驚愕しながら、大血川林道を駆け抜ける。

madone


下り切って普段ならR140を使って秩父駅まで戻るところ、三峰口駅など一本南側の細い道を走ったり、荒川左岸側に移動してひーひーアップダウンを走ったりして、秩父の街中に戻ってきた。
何気なく入ったラーメン屋が思いのほか美味。十分満足して道の駅ちちぶにゴール。

madone


pcblueさんとはここで解散。
自分は去年同様、横瀬町の日帰り温泉で汗を流し、疲労した身体を休め、すっきりして帰宅。
ちなみに18時過ぎに横瀬町の日帰り温泉を出発すると20時20分頃に家に着いた。

pcblueさんと走ったのは1年ぶり2回め。前回も非常に印象深いサイクリングだったが、今回はそれ以上だった。
素晴らしい紅葉のタイミングだったことや、八丁峠はもともと大のお気に入りルートであったこともさることながら、普段から風景を存分に楽しまれているpcblueさんとご一緒させていただいたことで、ひとりで走るより景色を堪能できた面もあったかな~。
とにかく満足!とても楽しかった。

Category: サイクリング!

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (8)Trackbacks (-) | トップへ戻る