2015 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2015 05

湾イチ&梅乃家

 【30//2015】

4月29日(水祝)のこと。
久里浜港8時20分発の東京湾フェリーに乗るために、8時久里浜港着を目指す。

3時起きで3時30分に出発。
予定より40分ほど早く着きそうだったので、残り10km地点の横須賀にて久々がっつり朝マックで時間調整。

madone


8時ちょっと前に久里浜港到着。

madone


madone


これまでフェリーには3~4回ほど乗ったが、自転車の積載は全てクルマと同じ最下層のフロアだったと思う。
今回は一段高く、スロープを上った。クルマの台数が多いからなのかな‥。

madone


ロードは10台くらい居た。

madone


madone


珈琲を買って、シューズを脱いで、リラックスモード。
40分の船旅を満喫。

madone


定刻9時に金谷港到着。

金谷港からR127を5~6km北上した竹岡ICのちょっと先、竹岡ラーメンの梅乃家に立ち寄り。
いつもR127北上中、良いにおいに誘われていたが、満を持して初入店。

madone


ていうか、今回のサイクリングの目的は、梅乃家にてラーメンを食すことが第一。
そのために開店1時間前に金谷港に着くように計算して、3時30分に自宅を出た。

10時開店。店には9時20分くらいには着いたと思うが、10人ほどが並んでいて、自分の後にも列につく人が少しずつ増えていった。

前に並んでいた自分より年配と思しきご夫婦と話をしながら時間待ち。
ちなみにこの旦那さんは、ここのラーメンの味に子供の頃から慣れ親しんでいて、今は少し離れた場所に住んでいるがちょこちょこ食べに来られていると。
列に並んだ人を見ると、バイクやクルマで来たっぽい人たちに混じって、いかにも地元の人っぽい年配の人たちがちらほらおり、この人たちにとっても慣れ親しんだ味なんだろうなぁと想像。

店員さんが順番に注文を聞きにきた。
チャーシュー麺+薬味(玉葱)を発注。
その後まもなく開店。ご夫婦にお誘いいただき、小上がりの同じテーブルへ。

しばし待って、ラーメン到着。

madone


美味しい。麺もスープも非常に個性的。玉葱もよく合う。この地で長きにわたり食べられてきたラーメンとお店に敬意を表しつつ、ものの数分で完食。

食べ物を評価・解説する味覚も文才も持ち合わせていないので、詳細は略。が、思い出すと食べたくなってくる。
是非また食べに行きたい。

madone


その後はいつもどおり、内房を北上。
カロリー消費のため、軽く坂を登っとく。

madone


madone


富津を抜けて、君津、木更津、袖ヶ浦、市原を走り千葉へ。
R14で船橋、市川を走り、市川橋から江戸川右岸へ。

madone


葛飾橋。外環ようやくここまで出来たのか~。

madone


三郷に入り江戸川CRを離れ、中川沿いの一般道を北上して帰宅。
いつもどおり楽しかった!
スポンサーサイト

Category: ロングライド!!

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (2)Trackbacks (-) | トップへ戻る

栃木から粕尾峠を抜けて渡良瀬渓谷へ

 【27//2015】

4/26(日)のこと。

もともと25(土)~26(日)は長野車載ライドに行く予定で、鬼無里に宿を取っていたが、拠ん所ない事情により延期。
代わりに昨年の紅葉時期に走るつもりだった栃木から群馬の道を走ることにした。
なんで紅葉の時期に行けなかったんだっけな‥。

前日、早寝した後、0時前に目が覚めたら、眠れなくなってしまった。
寝るのを諦めて準備を始めたら、1時半には出発できてしまった。

旧4で栗橋に出て利根川を渡ると、渡良瀬川起点は真っ暗闇。

madone


栃木市街地からK32で栃木ICをくぐったのは朝4時頃だったかな。
冷え込みがツラくなってきたし、初めての道に入るので、明るくなるまでミニストップで時間潰し。

madone


この後、珈琲飲んだり小一時間まったりして再スタート。

madone


とにかくめちゃ寒い。休憩前より気温は下がり、ガーミンでは5℃を切ってた。
薄手の長袖ジャージと長袖アンダーの上にウインブレを着れば、大丈夫だったけど。

シカ・イノシシに注意して進む~。

madone


大越路トンネル。右の道を登ると大越路峠。

madone


身体はだいぶ暖まりウインブレを脱いで峠道へ。
が、ほどなく進入禁止になってしまった。

madone


自転車なら通れそうな気もしたが、逆戻りしてトンネル通過。

madone


トンネルを出たらK15に突き当たる。
左折して30kmほど走ると粕尾峠。峠の先はR122にぶつかって足尾。

madone


基本、川沿いを走る。思川かな。

madone


新緑にはいつもワクワクする。
気持ちいい~!

madone


熊注意の看板。
熊鈴装着済み!

madone


K15に入った辺りは下粕尾という地区。その先は中粕尾。
この辺りまでは1~2%程度の上り勾配で楽々進む。

上粕尾に入ると所々急な坂道が出てきた。

madone


桜を撮る。
写真撮影の名の下に休憩~。

madone


他の人のブログで井戸産業辺りはキツいと書いてあった。
確かにこの辺りに井戸産業という会社があった。キツくなってきた。峠まで10kmくらいのとこだったかな。

madone


写真ではキツさがわからないがキツい。

madone


山の神ドライブインまで1000m。
この辺りもキツいと書いてあったなぁ。
確かにキツいが、運動不足と増量によるところも‥。

madone


写真ではキツさがわからないがキツい。

madone


山ノ神入 バンガロロ!
ではもちろんなく。

madone


ドライブイン。ひぃひぃ。

madone


写真ではキツさがわからないがキツい。

madone


そして九十九折り区間に突入。

madone


九十九折り区間に入れば勾配は楽になるかと思い込んでた。なんとなく。が、10%程度の勾配は普通な感じだった。

madone


カーブ32。そろそろ終わりかと思い、写真を撮る。

madone


が、終わらず。

madone


あれ?まだか。

madone


おぉ‥

madone


まだまだ~!?

madone


ひぃ~(>_<)

madone


40でも50でもいってくれ!

madone

と思いきや終了。
粕尾峠らしき場所へ。

madone


madone


峠は三叉路。直進すればK15で足尾。
右折すると6kmほどで前日光ハイランドロッジ。

とりあえず、前日光ハイランドロッジ方面へGO。
が、ここがまたなかなかのキツさ。
2~3kmは割と急な上り一辺倒。その先アップダウン。
急激に視界が開けたと思ったら、酪農地帯へ。標高1300mの吹きっさらしは寒かった。腹減ったし。

madone


やった!到着。
そして運動不足を反省!

madone


蕎麦でも食べたかったが、まだ開店時間前。
仕方なく背中ポッケの5個入りアンパンの3個目を頬張り、自販機で甘めの缶コーヒーを補給。

madone


お店のない状況が何処まで続くか不透明だったので、アンパン2個と栃木のミニストップで買ったおにぎりは食べずにガマン。

さて引き返し。

madone


madone


あっという間に粕尾峠に戻り、そのまま足尾方面に約10kmダウンヒル。
が、道に砂が浮いていて、まともに走れない。
20km/h足らずのスピードでノロノロ下る。

下りも九十九折れて。

madone


R122に突き当たり。

madone


ここから渡良瀬川沿いに下る。

わたらせ渓谷鐵道の通洞駅。ちょっとだけ見学を。

madone


madone


madone


そして先に進み、草木湖。

madone


左岸を走ろうと思っていたのだが、途中でおにぎりもアンパンも食べてしまい、なお空腹でヘロヘロだったので、右岸の道の駅富弘美術館を目指す。

madone


道の駅のコンビニでパスタランチ。
この時点でガーミンは25℃超え。
長袖アンダーを脱ぎ、オルトリーブSに突っ込んで出発。

madone


強い向かい風だが、下り基調で比較的楽な展開。ただ、細かなアップダウンを繰り返す感じで、短い上りを懸命に漕いでたら、右の足首の裏側を傷めてしまった。
以前も同じことがあり、気を付けていたのだが‥。
基本、ペダリング下手くそ。

みどり市、太田市を抜けて利根川の刀水橋。

madone


埼玉に復帰してひさびさ利根川CR。まだ昼間の1時過ぎ。はや。

madone


この辺りから、向かい風と右足首の痛みに加えて、左膝の痛み。
本格的にノロノロ運転で、サイクリングロードを約10km、利根大堰から一般道を約50km。

疲労困憊でなんとか帰宅。
疲れたけど楽しかった~!

Category: ロングライド!!

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (4)Trackbacks (-) | トップへ戻る

春の筑波山へ

 【16//2015】

4/12(日)は筑波山。
土曜日であれば、栃木、群馬の山にでも登ってみようかと思ったが、日曜サイクリングということで、筑波山でお茶を濁す‥。なんて、偉そうなことは全く言えない走りっぷりで、我ながら超がっくり。

桜はきれいだったな。

madone


madone


自宅越谷から概ねいつもなルートで、平沢官衙に出て不動峠へ。

madone


ひーひー漕いで、何とか風返しに辿り着くも、つつじへ登る気はせず。
ロードが多くて知らず知らず一生懸命走り過ぎたか、単にカラダが訛り過ぎたか、その両方か、とにかく疲れた。
人気の少ない道をのんびり走りたくなり、湯袋峠に降りて上曽峠に登る林道へ。
ようやくホッとできた。ウグイスの声と小川のせせらぎに癒やされながら、のんびり激坂を登る。
上曽から真壁に降りるつもりだったが、林道に入り気分が良くなり、そのままきのこ山へ。

madone


きのこ山から整備されたっぽい道がふもとに向かい延びているのが前々から気になっていたので下ってみる。

madone


が、1kmもいかず未整備区間。きのこ山に登り返し、その先のルートを迷ったが、加波山あたりはぬかるんでそうな気がしたので、上曽峠に引き返し。当初の予定どおり真壁に降りる。
黄色のシマシマ区間を過ぎた人里あたりは良い雰囲気。

madone


madone


madone


つくし湖は初めて。

madone


りんりんは花盛り。

madone


かりんとう饅頭を購入し、松戸実家経由で帰宅。

Category: サイクリング!

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (5)Trackbacks (-) | トップへ戻る