2014 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2014 09

お一人様project「渋峠宿泊ライド」2日め

 【06//2014】

渋峠2日めの8月4日。
この日は月曜日ということで、通常どおり4時半にスマホの目覚ましが鳴り、目が覚めた。
荷物整理等をして、5時に大浴場で朝風呂、6時45分にレストランで朝ご飯。

バイキングの朝食は、ご飯、味噌汁、おかずのフルセットをがっつり2回転で満腹。
3回転めはパンとスープにするつもりだったが、そこまで辿り着けず。
ちょっと少食になったかな。

ちなみに今回のホテルは、安いこと、大浴場があること、コインランドリーがあること、近所に夕食を取れる店があることから選んだ。
朝食バイキングは安価なビジネスホテルにしては品数豊富で味も期待以上だったし、フロントには各部屋への持ち帰り用カップを備えた無料コーヒーサーバーがあったり、自転車の持込みに際しては色々と配慮してもらったり、とても良かった。
機会があれば、また泊まりたいと思う。

さて出発。
ホテルの目の前が渋峠に繋がるR292。
早速3%程度の上り坂。
身体が慣れるまではやや軽過ぎのギアでクルクルと。

暫く走って後ろを振り向くと、妙高の山々が綺麗に見えていた。

madone


側道をのんびりポタってみたり…。

madone


このガソリンスタンドを過ぎた頃には、勾配も6~7%程度になっていたかな。

madone


志賀高原の看板前で記念の1枚。

madone


ループ橋。

madone


madone


標高1000mを超えた。
昨日の草津温泉を目指す道での1000m地点より気分良く走れるし、楽だな~。
昨日、必死にダウンヒルした道と同じとは思えない平和なヒルクライム。

madone


ホント気持ちいい~!

madone


madone


中野市街は、もう殆ど見えない。

madone


madone


madone


点在する池は、志賀高原の魅力。

madone


madone


10%以上の勾配は、それほど多くなかったかな。

madone


木戸池にてトイレ&自販機休憩。

madone


平床大噴泉。

madone


横手山の山頂と、その右手側斜面の下部にドライブインの建物が見えた。

madone


もうひとがんばり。

madone


横手山ドライブイン到着!
昨日、土砂降りの中、気合いを入れ直した場所。

madone


madone


写真を撮ってすぐに出発。渋峠までもうちょっと。

昨日とは違い大絶景!

madone


県境のヒュッテ。

madone


そして渋峠に到着~。

やった!超絶景~!

madone


madone


madone


さて、ウインブレとアームカバーを着用してダウンヒル。

madone


madone


madone


madone


madone


madone


madone


長い長いダウンヒルを楽しみ、草津のセブンでひと休み。
まだ標高は1000m超ながら、気温が段違いに高い。
ウインブレとアームカバーを外して、長野原町に向けて更に下る。

長野原町の大津交差点では、暫し思案タイム。
予定では、軽井沢に出て碓氷峠を下り、横川、高崎を目指す榛名山南側ルート。
ただ、昨日の土砂降りのこともあるし、念のためスマホで雨雲レーダーを確認。
すると、甘楽町、神流町辺りだったかな。豪雨で真っ赤な表示。まじか…?

さすがにそっち方面に向かっていくことはできないな…
軽井沢はキャンセルして、昨日の往路と同じく吾妻川沿いの榛名山北側ルートを選択。
実のところ、強い南風の中を軽井沢に向けて南下する気になれなかったし、吾妻渓谷をもう一度走ってみたい気持ちだったので、雨雲レーダーが良い後押しをしてくれたような気がした。

madone


madone


ここでちょっと装備の記録をば。
まずは泣く子も黙る龍柄フロントバッグ。

madone


趣味の良し悪しは別として(実は自分では意外と悪くないと思ってるけど)、軽量・マジックテープ開閉・ビニール素材のフロントバッグは、非常に使い勝手良く超重宝。
昨日の豪雨でも中に水が侵入しなかったし。

そして、suewのFast Cruiseがようやくデビュー。

madone


Fast Cruiseは、自転車に取り付ける前に、開口部をしっかり巻き込み、コンパクトにかつ硬く圧縮すること等によって安定させる仕組みのようなので、頻繁に荷物の出し入れをする場合には、オルトリーブLサイズの方が使い勝手が良さそう。
ただ、Fast Cruiseの方が軽く容量も大きい。
今回の一泊ライドのように、Tシャツ・短パンや、各種電子機器のACアダプタ等のお泊まりグッズなど、ライド時に不要な荷物がある場合には、Fast Cruiseに詰め込んで固く荷作りしてしまうのが良いと思った。
バッグは、サドル後方にしっかり取り付けられ、終始安定して良い感じだった。
既に新型が発売されているが、自分は、まさに今回のライドのようなときに使いたかったので、これで満足。龍柄フロントバッグと良いコンビだった。

話は戻り、渋川のローソンでランチ。

madone


この後は、利根川CRを50~60kmほど。長っ!

madone


madone


madone


madone


madone


madone


行田の利根大堰辺りで利根川CRを離脱し、一般道を50kmほど走って、愛しの我が家に帰宅~。

2日間で約450km走り5000m超の標高を獲得。
ここに「平成26年 第3回 お一人様project」兼「第2回 夏チャレ!初めての坂道シリーズ」は無事任務完了!
ナンノコッチャ(^_^;

しっかし、よく遊んだなぁ。
こうして遊ばせてもらえることを妻をはじめ家族に深く感謝!
スポンサーサイト

Category: ロングライド!!

Comments (6)Trackbacks (-) | トップへ戻る