2013 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2013 11

佐野ラーメンライド

 【29//2013】

特に意識したつもりもないんだけど、土曜日の夜、タレントがリレー形式で例幣使街道を日光まで歩く番組で、新田恵利が佐野ラーメンを食べてるのを見たからかな~。
日曜日は佐野に向かうことに。

妻が飲み会で朝帰り。その音で朝4時に目が覚めてしまったので、予定より早く6時頃に出発。
出掛けにテレビで地元の気温を見ると11℃くらい。最高気温は20℃ほど。

薄手の長袖ジャージ、長袖アンダー、3/4ビブショーツ、SKINSのふくらはぎサポートにソックス、それに指ありグローブ。ラーメン食べたら汗だくになったけど、この気温の中で走るには、まぁちょうど良かったかな。

R4で越谷、春日部、杉戸、幸手、栗橋を抜けて利根川を渡り、左岸を遡上してすぐに銚子の河口から132km地点=渡良瀬川起点に到達。

madone


渡良瀬川の水量はかなり多く、河川敷は水没。

madone


道の駅きたかわべのちょい手前付近。
渡良瀬遊水地も水多め?

madone


遊水地沿いのCRを北上。
東の方向に筑波山が見えた。

madone


araitaさんが峠を攻める姿が目に浮かび、休憩がてらLINEをしてみたら、@風返し峠とのお返事。やはり。笑

それにしても、まだ8時過ぎ。ラーメン屋はまだまだ開かない。
となれば仕方ない。
ZENさんも鹿野山とのことだし、気休めながらラーメン前に軽く上っておくか。ということで、大平山方面へ。

大平山はいくつかルートがあるが、ぶどう団地側からしか上ったことがない。この日のルートももちろん同じ。このルートは確かお気楽に登れたはず。

手前のセブンで水分補給。

madone


謙信平までは3.3km。
この地名は、北条氏康と手を結んだ謙信が、大平山で兵馬の訓練をした際に、山から見た関東平野の広さに目を見張ったとの故事から生まれたそう。

madone


早速、大平山ダイエットポタを敢行。
木々の中をゆったり上る。う~、気持ちいい!

madone


ちょっと上ると平坦になり、またちょっと上ると平坦になるという休み休み上れる優しい坂道たち。なんて素晴らしい!

途中、こんな切り通しも。

madone


最後の数百メートルは急坂。所により15%くらい?

最後はヨロヨロで謙信平。

madone


少し下に降りた所にある駐車場の方が見晴らしがいい感じ。

madone


madone


madone


筑波山も結構見える。

madone


下りは栃木駅方面に出て、蔵のある街並みでもポタろうかと思ったが、それだとラーメン屋が混雑する前の時間に佐野に着けないと思い、上ってきた道をそのまま下る。

マイナスイオンと太陽の光に満ち溢れた道をのんびりダウンヒル。

madone


ぶどう団地から佐野を目指す。
整備された道路だが、山を切り通したような造りで、周囲からの滲み出しがひどく、あっという間に自転車はびしょ濡れ泥だらけ。

佐野までは意外に距離があった。場合によっては、唐沢山でも上っとこうかと思ったが、ラーメン屋さん開店まで30分なので、やむなく自粛。ローソンで2リットルペットボトルを買って、水分補給休憩&泥だらけのチャリンコのお掃除タイム。

ちょうど良い時間になったので、お店へ。

madone


2分ほど待って入店一番乗り。
すぐに5~6席が埋まった。

madone


発注したのはチャーシュー麺。
かなり和風なしょう油味。
青竹打ちの如何にもな麺。
チャーシューはとても美味!

madone


佐野ラーメンポタは以上。
帰りは、強めの西寄りの風の中、あっという間の帰宅だった。

スポンサーサイト

Category: サイクリング!

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (10)Trackbacks (-) | トップへ戻る

墨田区辺りの隅田川ポタ

 【20//2013】

土曜日。
見る天気予報によって、埼玉は朝9時頃に雨の予報だったので、テンション下がって二度寝。10時過ぎに起床。
夕方からは妻とレイクタウンの予定なので、葛西臨海公園でも軽く走るつもりでR4を南下。

千住で荒川CRにインしようとしたら、自転車は入らないで欲しいと。

madone


サイクリングロードを見ると、自転車も普通に走っているように見えたので少し迷ったが、どうしても荒サイを走りたいワケでもないし、R4を進むことに。

madone


北千住駅の先で墨堤通りに入り、ほぼほぼ隅田川沿いに墨田区方面に走る。

東向島、白髭神社。

madone


向島で通りを外れて、隅田川テラス方面へ。

この界隈は、お寺、料亭、和菓子屋などが多く、その建物を見て走るのも楽しい。

小腹がすいて寄ろうかなと思ったが、そこそこお客さんが入っていたので遠慮。

madone


madone


隅田川は白髭橋から勝鬨橋まで河川テラスが整備されている。

madone


勝鬨橋方面の下流域では、自転車走行禁止と認識してるけど、この辺りは普通に走っている様子。辺りを見回しても禁止の表示は見当たらない。

きょろきょろしながら数百メートルほどテラスを走り、枕橋の辺りでテラスを離脱。
ここでは、枕橋の墨堤通りと北十間川と隅田川と首都高と東武線が交わっていて、なかなか複雑な様相。

madone


この辺りを走ったら、無視するわけにはいかないスカイツリー。

madone


浅草通り、明治通り、京葉道路を繋いで、新小松川橋で荒川を渡る。
自転車、普通に走ってるなぁ。さっきの看板は何だったんだろ。

madone


この後、江戸川にぶつかったら遡上して帰宅。以上70km弱の短距離サイクリング。

この日は11月並みの気温ということで、最高気温が20℃に届かず。
半袖ジャージの下に長袖アンダー。下半身は夏用素材の3/4ビブだったが、北風がとても寒かった。特にコンビニから出た後とか。
次回以降は長袖ジャージにしておこう。

Category: サイクリング!

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (4)Trackbacks (-) | トップへ戻る

松虫ポタ

 【17//2013】

三連休2日目の日曜日は、実家発着で軽く。

北総線の印旛日本医大へ。R464など広い道を極力通らないように、裏道を繋いで走った。地味ながら楽しい。

印旛日本医大駅北側の住宅地で、松虫寺の看板を発見。行ってみたい。

madone


その先では、松虫寺隣りのマツムシコーヒーの看板を発見。行ってみたい。

madone


地域の案内板を見て寄り道をしながら、マツムシコーヒーに繋がる細い道へ。

madone


到着。ずいぶん雰囲気のある店だなぁと開店前の店をしげしげと眺める。

madone


madone


開店までは、あと1時間半もあるので、さすがに待てないけど。

madone


そのうち開店時間中に来てみたい。

madone


madone


お隣りは松虫寺。落ち着きあるたたずまいが素晴らしい。

madone


madone


madone


madone


この木の存在感がすごかった。

madone


madone


madone


madone


適当な言葉が見つからないけど、癒やし?安らぎ?落ち着き?そういう静的な感覚とともに、なんだか強いパワーを感じられる場所だった。早朝、人の居ない時間だったことも影響してるのかな。

madone


腐葉土のような枯れ葉に覆われた道を通り、こんな坂道を強引に下る。

madone


腐葉土の道から脱出し、ブレーキとタイヤの間に詰まった葉っぱを取り除いていると、葉っぱにまみれたウ〇コ。
どうやら枯れ葉の下に隠れていたのを前輪で踏んだらしい。

madone


madone


う~む、右手の人差し指にもちょっと付いてしまった…。
まぁ落車してチャリンコ壊したわけじゃなし、ウ〇コ程度で済んで良かったと気持ちを切り替えたふりをして、取り急ぎ落ちていた小枝や葉っぱで取り除き走行再開。もちろん右手人差し指は浮かせたまま。

田んぼの中を突っ切り、再び道無き道を強引に上り、「吉高の大ザクラ」へ。

初大ザクラ。見事な枝ぶり。来年こそ満開の桜を見てみたいな~。

madone


大ザクラのある坂を下ったとこの自販機で水500mlを買って手を洗い、甚兵衛大橋を渡った先のミニストップで水2リットル、洗剤、スポンジを購入して、店の裏でフレーム、ブレーキ、タイヤ、右手人差し指をお掃除。
お店の横で補給をしていた自転車乗りの男性にトラブルですか?と聞かれ、自転車掃除なので大丈夫ですと答えたが、答えになってなかっただろうな。

ひととおり掃除を終えて完全復活。
成田市街地を抜けて、芝山はにわ道の道の駅「風和里」で休憩。

madone


帰りは富里、八街、酒々井、佐倉からナウマン象の双子橋。

madone


南側の印旛沼の北岸を走るが、なぜかここでも超狭な激坂を無駄に上ったり下りたり。20%超の箇所も(>_<)

ルートラボからガーミンにルートを入れてきたんだけど、出来る限り目的地に直線的に進むルートを作成したら、無駄な坂道やら砂利や腐葉土の道を通るハメになってしまった。
ま、これはこれでかなり楽しい。

平地区間の水場で休憩。

madone


madone


この後もよく分からない細道を走り、白井、六実等を通り、五香の13湯麺(かずさんとんみん)の場所を確認して、実家にゴール。
再び水をザーザーかけて洗剤で大掃除。その後自分もシャワーを浴びてサッパリ!

Category: サイクリング!

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (9)Trackbacks (-) | トップへ戻る

養老渓谷といすみ鉄道ポタ

 【14//2013】

三連休初日の土曜日。行こう行こうと思いつつ、なかなか行けなかった房総に行くことにした。養老渓谷やいすみ鉄道沿線界隈。

松戸の実家発着。
6時起きで6時半に出発。もうちょい早く出た方がクルマが走ってなくて良かったな。
とりあえず、21世紀の森と広場を突っ切って走る。

madone


R14、R357を繋ぎ千葉市に入ったら、浜野駅からは内陸に入り、うぐいすラインへ。

初うぐいす。

madone


madone


上総牛久辺りR409でゼッケンを付けた自転車の集団を見た。ツールド千葉かな?

ここからはK81。清澄養老ライン。
久々の高滝湖。

madone


madone


更に南下。
それにしても暑かった~!この日は真夏日。この辺りは何度だったんだろ。

思わず水かぶろうかと!

madone


養老渓谷駅に着いた。

madone


暫し自販機休憩。
ここではロードバイクを結構見た。

K81をちょい進み、何軒かの旅館が軒を連ねる辺り。

madone


更に南下し市原市から大多喜町に入る。養老渓谷から3kmほど南下した辺りでR465に乗り換えて東に進む。
腹が減ってきて、養老渓谷で食べれば良かったと後悔しながらアップダウンを走り、上総中野駅に到着。

madone


小湊鉄道は、市原の五井駅から上総中野駅まで。ここから外房の大原駅までは、いすみ鉄道が運行。

madone


ガンバレ!! いすみ鉄道!

madone


R465を進む。西畑駅を見つけた。
たたずまいにひかれて、ついつい立ち寄ってしまう。

madone


madone


ちょうど電車が到着。

madone


大きなテーブルが設置されてる。

madone


ディーゼルは支柱や架線がなくすっきりしていて良いなぁ。わずかに排気を残して出発。

お次の総元駅は、ムーミンの絵とポップな色調。
ムーミンは、いすみ鉄道の確固たるポリシーに基づいて選ばれたいすみ鉄道活性化の象徴。

madone


のんびりした風景。ここもいいなぁ~。
この平和な風景こそ、いすみ鉄道沿線とムーミン谷に相通ずるところか。

madone


madone


いすみ鉄道は、総元駅辺りが最南端。
ちょっとだけ南下してR297に乗り換えたら北上し、久我原駅を目指す。
久我原駅と言えば、秘境駅と言われる駅なので興味津々。

R297の久我原の交差点を入る。
ちなみに交差点のラーメン屋さんの名前は「馬鹿ちゃん」。
なお、読み方は「うまかっちゃん」とのこと。笑

madone


こんな道を進む。先に駅舎らしきものが。

madone


自転車置き場。秘境なのにこんな大きな自転車置き場がいるのかなぁと思いつつ進む。

madone


ホームが見えてきた。

madone


ホームに誰かいる…。秘境なのに?

madone


確かに森林に囲まれて秘境感が漂うけど、来た道を振り返ると民家が見える。ホントに秘境なのか。。。

madone


久我原駅は、近くの学校が命名権を取得して正式にはこんな名前。

madone


休日の時刻表。概ね1時間に1本か…。

「秘境駅」の定義があるのかないのか知らないけど、「こんな場所に駅を造って誰が乗ったり降りたりするんだ?」と思うような民家も道路もない場所に何故か造られていたりするんだろうなぁとか、列車は1日数本しか走っておらずアクセスが非常に困難だったりするのかなぁとか、なんとなくそんな思い込みをしていた。
考えてみたら、いすみ鉄道でR297やR465に近いロケーションでそんなワケないよな~。
ネットを見ると随分な数の秘境駅があるらしいが、ホントの秘境にそんなにたくさんの駅があるわけもないし。

けど「秘境駅」って言葉が適当かどうかは別として、雰囲気が良いのは間違いない。

madone


ホームに居たおじいちゃんと話をした。
大多喜の病院まで行くとのこと。
ツールド千葉の話をしてくれた。どこの通りを走るとか、沖縄からの参加者もいるとか。
どうやら千葉日報にはかなり詳しく記事が載っているらしい。

ほどなく列車が到着。

madone


おじいちゃん無事乗車。

あれ?さっき上総中野に向かった列車が戻ってきたのか。
写真では分かりにくいが、手を振っているのは、さっき見た女性の車掌さん。

madone


駅裏の道を散策。長閑すぎる風景だった。

madone


madone


駅はもういいかなと思いつつ、ついつい。東総元駅。

madone


ホームから見た風景は、この駅が一番良かったかも。

madone


madone


madone


この後はR297を北上して、大多喜駅に近い船子のすき家で牛丼休憩し帰りモード。

プチ迷子の体で長南町、長柄町のアップダウンを走り、意外とキツかった土気の住宅街の坂道を抜けて、誉田からはK66で四街道へ。
ここからは知った道。
花見川区から船橋、鎌ヶ谷を経由して実家到着。という感じ。

Category: サイクリング!

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (12)Trackbacks (-) | トップへ戻る