2013 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2013 09

防水カメラの導入。

 【24//2013】

土曜日。予報を見ると、早めに帰る限り雨は大丈夫そうかなとは思ったが、だらだら過ごし、自転車には載らず。

午後3時頃になってようやく活動体制が整い、今日、明日の南越谷阿波踊りの準備を眺めながら、新越谷駅へ。

駅前の舞台では既に踊りが行われていたり。

madone


東武線・日比谷線でヨドバシAKIBAへ。

目的は防水カメラ。
新しいカメラに求めるのは、雨・汗に対応できる防水機能。そして軽量・コンパクトなこと。以上。

現在、使っているカメラは、トップチューブバッグに入れているが、にわか雨に遭うとプチパニック。幸いこのカメラを持っている状況で、瞬間的にびしょ濡れになるようなゲリラ豪雨には遭ってないが、常に雨の心配をするのは結構負担で、常々防水カメラを導入したいと思っていた。

買ったのは、以前から目を付けていた機種で、Olympus STYLUS TG-630。

madone


これなら汗に濡れても大丈夫だろうし、軽量・コンパクトなので、背中ポッケにも入れやすそう。
ロングライドでガーミンに給電しながら走行する際は、バッテリーをトップチューブバッグに入れなければならない。バッグから出したカメラをどこにしまうかという問題も、これで解決。

なお、耐衝撃性は、高さ1.5mからの落下にも耐えるとのことで、この手のカメラとしてはやや控え目な数値だが、普通のカメラでも何度か落としてるし、まぁ大丈夫かなぁと。
ただ一応、落下防止・故障防止の観点から、ささやかながら指に引っ掛けやすいストラップとシリコンカバーを併せて購入。
半透明のシリコンカバーなので、分かりにくいか。

madone


夜は、妻は飲み会、次男は友達と阿波踊りの出店へ。
自分と長男はお祭りに買い出し。
長男は近所の中華料理屋の出す出店で塩焼きそばを購入。自分は焼き鳥をテイクアウト。

madone


それぞれ持ち帰り、家で分け合って夕食。

食後に表を見ると、阿波踊りはとりあえず本日のフィナーレヽ(^。^)丿

madone


明日は走れるかなぁ。

スポンサーサイト

Category: 日記

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (4)Trackbacks (-) | トップへ戻る

夏を味わうポタ

 【19//2013】

18日(日)のこと。
湘南方面でも散歩してみようかと、5時半頃出発。

R4を南下。
千住で荒川を渡る。

madone


さすがに入谷の交差点もガラガラ。

madone


新橋でR15に乗り換え。
蒲田の先で多摩川を渡る。

madone


南風基調で向かい風ながら、早い時間帯の市街地走行は、殆どの区間が建物の日陰なので、のんびり走る限り非常に快適。

が、関内の先、鎌倉街道を進もうとすると、やけに風が強くなってきた。
若干西寄りの風?
鎌倉から海沿いに出てからも風強いのかなぁ‥。
海沿いはクルマも渋滞だろうなぁ。
等々の事柄が頭に浮かび、鎌倉方面と横須賀方面に分岐する交差点で衝動的に横須賀方面にハンドルを切る。
(結局はその場での向かい風から逃げただけなんだけど)

まさにこの行動こそが自分がブルベに出ない大きな要因。
ブルベその他のイベントへの参加に踏み切れないのは、いくつかの理由はあるけど、その場その場での気ままな適当走行、まさにポタリングが自分の好きなサイクリングだから。

そんなことで、この日の行き先は、三浦半島南端の城ヶ島か、久里浜からフェリーで房総半島か‥。あれこれと横須賀に向かいながら考える。
最終的には、房総半島の長閑な風景をお気楽に走りたいと思い、割と最近行ったばかりだけど、久里浜港からのフェリーに決定。

1時間1本のフェリーの出航時刻に間に合うように、横須賀市に入ってからはあまりだらだら走らないように注意して走る。

無事、出航時刻の15分前に港に到着し、チケット(自転車込み1020円)を買って乗船。40分の船旅。

madone


前回同様、最前列の席へ。

madone


手と顔を洗い、目薬を点眼し、日焼け止めを塗り直し、荷物を整理し、サングラスを掃除し、水分を補給し、トイレに行き、暫しシューズを脱いでまったり休憩。

20分ほど休憩して、船内をひとまわり。

海上の気温も結構上がっていたが、開放感は最高!気持ち良い!
船と一緒に飛んでいるカモメが人の手から餌を食べてた。

madone


夏休みの特別企画か、船内はハワイアンな雰囲気。

madone


madone


定刻、金谷に到着。凄い台数のロードが乗船待ちをしていてびっくり。チームかなぁ~。

さすけ食堂の開店時刻だったので、真っ先に店に向かう。
が、お休み‥。そりゃそうか。お盆だ。
ナメロウ定食食べたかったな‥。また来よ。

景色を楽しみつつR127を北上。

ドライブインでサザエその他海産物を焼いており非常にそそられたが、クルマやバイクが大勢いて落ち着かなかったのでパス。

madone


madone


道すがら、小さな定食屋さんを見つけるたびにメニューを覗き見てみるが、ナメロウは無さそうなのでパス。
もう1つ以前から気になっていた竹岡ラーメンは大行列でパス。
結局、上総湊のセブンでおにぎり2つの昼ご飯。

まるで昼飯を探す旅でもしていたかのようだが、決してそんなことはなく。
金谷に到着してすぐに感じた懐かしい感覚に包まれ、それを味わいながら走っていた。

茹だるような暑さ。海辺の町の風景。潮の香り。蝉しぐれ。これらをひとまとめに感じたら、不意に小学生時代の夏休みに戻ってしまった。
父親に連れられて、海水浴場から泊まっている民宿まで、遊び疲れて気怠い気分で歩く道のり。
あまりにリアルな感覚に、本当にその頃に戻ってしまったかのような錯覚をして、めまいがしたくらい。
これに象印の古い水筒か何かで冷えた麦茶でも飲んだら、こっちの世界に戻って来れないんじゃないかと思うくらい強烈な懐かしさだった。

立派に育った田んぼの風景は、秋の始まりか~。ちょっと寂しいかな。バックの小高い山の上には小さく東京湾観音が見える。

madone


佐貫町駅。

madone


駅舎の屋根につばめの巣発見(^^)

madone


1kmちょいほどで100mばかり登って、東京湾観音さまへ。
高さは50mほどで牛久大仏さまの半分ほどだが、こうして見るとかなりの大きさを感じるし、何より、山の上から東京湾を見下ろしているのはかなりの存在感。

madone


観音様からの海。富津岬がよく見えた。

madone


富津から木更津に入り、これまで引っ掛かったことのない踏切に引っ掛かった。

単線・一両な久留里線。

madone


君津、袖ヶ浦、市原から千葉に入り、腹ペコでR357沿いの喜多方ラーメン坂内食堂でラーメン。

ほぼほぼ東京湾沿いに船橋ららぽーとまで走り、R14で市川橋からは概ね江戸川、中川沿いに走って今日も無事帰宅~。

今日は凍ったアクエリアスやカルピスウォーターを買いまくった。背中ポッケに入れて、一口飲むたびにボトルから温まった水を凍ったペットボトルに注いでいく飲み方。結構、気に入った!

Category: ロングライド!!

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (8)Trackbacks (-) | トップへ戻る

長野ふたたび(家族旅行の記録)

 【15//2013】

自転車には関係ないが、記録しておくと役立つことがあるので。

8日(木)~10日(土)で長野県北部(一部岐阜県にも入ったか。)を旅行した。妻と次男の3人。長男は留守番。
4日(日)に直江津projectで走った辺りを1週間足らずでクルマで走るのは、それはそれで感慨深かったりする。

8日(木)
上高地と新穂高。
自宅を2時頃出発し、中央高速で松本へ。
7時には上高地散策。我が家の旅行は相変わらず出足が早くて最高~。

madone


明神池の風景も嘉門次小屋の岩魚も最高!

madone


madone


新穂高は、ロープウェイで展望台に上がるも景色は曇ってイマイチだったが、露天風呂はとても気持ち良かった。

madone


この日の宿泊は松本市街地の低価格ホテル。女子テニス部らしき高校生の団体も泊まっていて賑やか。

9日(金)
高速で長野に向かう。
鬼無里を回って戸隠から斑尾に抜けるルート。

鬼無里ではいろは堂の絶品おやきを購入。店内で1つずつ食べて1つずつテイクアウト。

madone


長野に来たからには寄らずにおれない嶺方峠。曇っているのはわかっちゃいたこと。

madone


再び鬼無里に引き返し、大望峠経由で戸隠へ


madone


戸隠神社の中社と奥社の間あたり。戸隠の蕎麦屋、いつものそばの実で昼ご飯。

madone


鏡池に立ち寄った後、戸隠神社奥社に向かう。
山道の参道を片道2kmほどの道のり。

madone


中間地点の山門。千と千尋の神隠し的な雰囲気。

madone


ここからは傾斜が急になり、結構キツい。

madone


奥社に到着。涼しめだけど汗だく。

madone


長男用に御守りをいただいた。奥社と険しい戸隠連峰。

madone


来た道を引き返し、クルマで出発。
黒姫高原を通り、先週ちゃりんこで走った野尻湖の周りR18を走り、斑尾の宿に到着。

madone


10日(土)
飯山市を抜けて志賀高原を走る。

横手山。

madone


madone


ロードもたくさん見たが、旅する自転車も多数。

madone


渋峠。
近いうち、ちゃりんこで来よ。(;¬_¬)ムリムリ

madone


万座方面から軽井沢に抜けたら、アウトレットで買い物・夕飯して、上信越道・関越道から帰宅~。

Category: 日記

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (2)Trackbacks (-) | トップへ戻る

直江津への装備等の記録

 【07//2013】

8月4日(日)の直江津projectは、久々の輪行サイクリングだった。
単なる日帰り輪行ならレーパンの上に短パンを履けば十分だが、場合によっては直江津で一泊するとか、自転車にトラブルが生じるなどして軽井沢や長野で観光して輪行帰宅するといったことも考えられたので、輪行袋や折りたたみ式リュックのほか、着替えやサンダルも荷物に加わった。

んなこともあり、今後のために今回の装備等を記録しとこ…。

まずは、ちゃりんこ全景。

madone


個別に見るとこんな感じ。
妻のクロスバイク用フロントバッグ。

madone


初めはモンベルのフロントバッグを取り付けたが、フロントがやけに重くなってしまったので急遽交換。見栄えはともかくとして、アームカバーや雨用キャップ、着替えのTシャツ、短パン、下着などがすっきり収まった。当然、雨対策でビニール袋で十分なパッキング。
なお、フロントバッグを付けた関係でフロントライトを高い位置に付け直した。

ガーミンはダブルでナビ画面と走行データ画面の同時表示。通常はガーミン用マウントに800を取り付けるが、cateyeのライトマウントに干渉してしまったので、800をステムに、500をガーミン用マウントに取り付けた。が、これは失敗。走行中に800に給電しようとしたらステムの上に突き出たコラムスペーサーに充電コードが干渉。結局、cateyeのライトマウントとガーミン500をサドルバッグに収納して、800をガーミン用マウントに戻して給電した。今回はR17とR18しか走らないわけで、元々ダブルガーミンの必要はなかったとちょっと後悔。

madone


フロントのサブライトはクイックに取り付けた。
それから、3つめのボトルホルダーを付けた。中にはパンク対応セットを収納。ボンベ2本やミニ工具もあり結構重いので、ちゃりんこ下部に取り付けるのは良い感じかと。

madone


パンク対応セットと言えば、普段のポンプはかなりコンパクトなタイプだが、楽にしっかり入れられるものに付け替え。

madone


リアライトも普段のやつは雨に弱い感じがしていたのでcateyeに付け替え。

madone


最後にサンダルをオルトリーブの下側に括りつけた。
ちなみにオルトリーブLサイズの中には、携帯リュック(20リットル)、輪行袋、ガーミンのバッテリー、スマホのバッテリー、諸々の小物を収納。ウエストバッグを使わなくて済んだのは、腰などに負担が掛からなくて助かった。

madone


ついでにウエア。しっかり反射ベスト。これは着ている感じが全くなく、ジャージの背中ポッケにも干渉せず、ホントにすばらしかった。

madone


Category: 日記

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (6)Trackbacks (-) | トップへ戻る

直江津project

 【05//2013】

8月4日(日)、平成25年お一人様プロジェクトの第3弾「直江津project」を実施。

直江津まで走ってみることは、のぐちやすお氏の「自転車でどこまでも走る」を読んで以来の課題で、常に心に引っかかっていたので、とにかく今年は走っておきたかった。

4日未明の1時スタート。

いつもは速度を上げたクルマが連なる恐ろしいR17もさすがに閑散。
通常のリアライトのほか、反射ベストやヘルメット用リアライトの装着で、精神的にもかなり楽に走れた。
本庄のセブンでプリン休憩をしつつ順調に走る。

高崎でR18に乗り換え。

madone


R18に入って間もなくのパーキングで休憩。

madone



安中に入るとちょっとずつ高度を上げてくる。

当日は曇り空。妙義山もよく見えず。

madone


横川を通り抜け、いよいよ碓氷峠へ。

madone


ここに着くまでに結構疲れてしまった。足つりの兆候も。
で、ゆっくり登り始める。どのみち速く登ることはできないけど。

めがね橋。

madone


碓氷峠は、上記の碓氷峠始まりの標識からだと12kmほど。全体として勾配は緩め。
めがね橋からの5~6kmはほぼ平坦と言って良い区間も多く、峠道にしては楽に走れる感じ。
ただ、いくら緩かろうが、長い坂道はほとんど経験ないし、足はつりそうだったし、登り終えた時は結構ヘロヘロ。

碓氷峠到着。

madone


madone


とりあえず軽井沢駅に降りて、ファンタグレープ休憩。と同時に強烈な眠気。写真のベンチに座って30分ほど寝てしまった。

madone


起きたらかなりスッキリ。
R18に戻り、下ってちょっと上る。
軽井沢駅から数km西の信濃追分が1003mでこの日最高地点だったかな。

madone


軽井沢から長野市まで数十kmは下り基調。気温20℃で日射しもなく肌寒かったので、アームカバーをして出発。

madone


御代田町を通過して小諸市へ。結構下ったつもりが、標高はまだ780m。

madone


東御市を通過。
こんな標識を何度も見た。ぐんぐん下る。

madone


そして上田市。標高499m。
ここまで来ると気温もだいぶ高くなり、アームカバーもとっくに外していた。
上田市街地を走る。賑やかで結構都会な雰囲気。とは言え、周りは緑の小高い山々に囲まれていて、あぁ信州を走ってるんだなぁという感じ。

madone


坂城町に入った。標高415m。

madone


坂城駅付近で突然の降雨。ときたま妙に冷たい風が吹いていたので覚悟はしていた。
ちょうどクルマのパーキングエリアがあり、雨を凌げるスペースがあったので雨宿り。

madone


雨はあっという間に弱まり、20分ほどで完全に上がった。
雨が止むと同時に、この日初めての晴れ間。
再出発。日射しはどんどん強まり、路面はすぐに乾いた。

千曲市を走る。更埴を過ぎた所で千曲川を渡る。

madone


いよいよ長野市。
ダウンヒルもだいたい終わりの標高359m。
ここまで200kmちょいかな。

madone


ここでお昼ご飯。冷やし中華が食べたくて仕方なかったので、入りやすそうな中華屋さんを探してた。珍来なら席も広々でのんびり休めてベスト。

madone


店員さんはみんな親切だった。
ボトル2本に冷たい水が満タン。
妙高のトンネルには十分気をつけるようアドバイス。
さて再出発。

長野市東部を20kmほど走ってきた。豊野という地区に入る。
志賀高原の標識。右手には横手山、渋峠等に繋がる山々が連なる。

madone


自分が走るR18は、この先で左手・北西方向に進路を変え、高度を上げ始める。勾配はそれほどでもないとは言え、これまでの疲労が蓄積されているし、碓氷峠の時とは気温や日射しの強さが全く違う。おまけに水切れ。登り始めた頃に見た自販機を気軽にパスしてしまったことを激しく後悔。

飯綱町に入った。

madone


牟礼駅付近で商店を発見!嬉しい!
500mlを4本買ってしまった。
暫く日陰で休憩して再出発。

信濃町に入った。信濃町には今週末も家族と来る予定。

madone


水分補給してカラダはかなり復活。キツいながらも元気に走り、ピークらしき場所を通過。走っていた時点では、ピークが何処か理解できていなかった。少なくとも野尻湖の先と思い込んでいた。
明らかに下り始めた後で野尻湖の案内を発見。

madone


その後はアップダウンをしつつ全体として高度を下げていく。

そして初の自走新潟県。

madone


珍来の店員さんのアドバイスに従い、トンネルでは反射ベスト装着のうえ全ライト点灯で通過。
トンネルの後は、20kmを超えるくらいの超下り一辺倒。路面がイマイチなのでスピードはかなり控え目。急勾配でもないので、路面状況と後ろからのクルマに注意しつつ、リラックスして下った。

いよいよ最後の上越市。

madone


市の境界が入り組んでいるのか、この後も一時的に妙高市に戻ったりしながら、標高50mくらいまで下りきり、海に向けて10数kmを走る。

で、5時半、日本海到着~!
本州から見る日本海は初めて。
距離は300kmと意外に短かった。
遠くに見えるのは能登半島かぁ。

madone


この後、軽く街中を散策。直江津駅で帰りの電車のチケットを買って、上越市運営の日帰り温泉へ。これでスッキリ、疲れも取れた。

直江津20:35発のほくほく線快速で越後湯沢に向かい、20~30分待って、10:25発の上越新幹線に乗車。
とにかく前輪外しタイプの輪行荷物はデカいので、自由席を買って通路乗車。大宮までは50分だし、どうってことはなかった。

madone


大宮からは埼京線と武蔵野線を乗り継いで0時過ぎに帰宅。
1日たっぷり遊んでしまった!
楽しかった~!

Category: ロングライド!!

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (10)Trackbacks (-) | トップへ戻る

7月の走行距離

 【01//2013】

362km。
仕事の関係で、時間的にも精神的にもあまり走る気にならなかったので、まぁこんなもんか。せっかくの季節にもったいないと思うけど。
久々に奥武蔵グリーンラインを走れたのは楽しかったな。

madone


以上、記録まで。

Category: 日記

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る