2013 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2013 07

この夏ロングを楽しむための対応。其の2

 【30//2013】

オダックス埼玉オリジナル反射ベスト「ADX-V」を購入した。

madone


この反射ベストは、ブルベという競技の存在を初めて知った頃に、オダックス埼玉のサイトで見つけて以来、気になっていた。
自転車用であるか否かにかかわらず、リフレクターの付いたベストは色々な製品が販売されているが、使い勝手、通気性、携帯性、価格等々あらゆる点で、オダックス埼玉製に勝るものはなさそうで、是非いつか買いたいと思っていた。

で、あらかじめスタッフの方に売って貰えるかどうかをメールでお聞きした上で、本日「629埼玉400 スーパーアタック奥志賀」のゴール地点に出向き、購入することができた。

朝方の鶴ヶ島、越生方面は雨。降り方は大したことないが、ちょっと走る気にはなれない。
せっかくここまで来たので、小川町の道の駅にクルマを止めて、奥武蔵GLでものんびりポタろうかと思ったのだが…。

madone積んできたのになぁ。未練たらたらで、念のため道の駅に来たが、やっぱりムリっぽく諦め。

madone


まぁ今日は仕方ない。
今年の夏は、結構長い時間、ナイトライドするかもしれないし、とりあえず反射ベストで安全性を高めとこう!

スポンサーサイト

Category: 日記

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

宇都宮餃子ライド

 【24//2013】

日曜日はZENさんと宇都宮まで餃子を食べに行ってきた。
きっかけは6/9のブログへのコメントでのZENさんとのやり取り。
実際にお会いするのは二度目。だが、前回お会いしたのは、飲み会の席だったので、自転車では初。

8時に道の駅さかいで待ち合わせ。
朝飯等のために早めに自宅を出発。
R4旧道で春日部まで北上。そこから東に進み宝珠花橋へ。江戸川を渡った先のミニストップで朝飯。

madone


結構のんびり過ごした後、県道で道の駅さかいに到着すると、まさに同時刻にZENさんも到着。30分早く7時半。

利根川左岸からR4バイパス側道へ。
側道の未整備区間で一度だけバイパスを走ったが、大型のクルマがスピードを上げて走っていたりするので、そこを長時間走るのは精神的に疲れそう。クルマが殆ど通らない側道を走った方がずっと良い。

側道の様子。それにしてもこのふくらはぎはただ者じゃないでしょ!

madone


道の駅しもつけ。

madone


道の駅は、まだ新しく駐車場も広々していて、クルマでも使いやすそう。トイレが綺麗なのも良いなぁ。
餃子屋さんの開店時間を考えると、かなり時間に余裕があったので、長々と休憩。

道の駅を出て1~2km先、田川でバイパスを離脱。田川サイクリングロードを走る。

madone


バイパスではずっとクルマの音を聞きながら走ってきたので、静かな川沿いに出てホッとできた。

madone


この川は宇都宮市街地を通ってくる。市街地から流れてきたとは思えないほど水が澄んでいて、これにもとても癒やされた。

madone


宇都宮市街地に到着し、暫し餃子屋さんを探してグルグル。
LINEでプチデビルさんから聞いた餃子専門店「正嗣(まさし)」は何店舗かあったが、駅から一番近い店へ。

madone


madone


開店直前に到着。ほどなくオープンし、順番に店内に通される。ちょうど自分たちの前のお客さんで満席。

待っている間に他のお客さんの餃子の大きさを見て、焼き餃子二人前と水餃子一人前をそれぞれ頼むことに。ちなみにライスの販売は無し。

madone


madone


水餃子はラー油を入れる前に写真撮った方が美しかったなぁ。
餃子は餡の味もさることながら、水餃子はぷりぷりさっぱり、焼き餃子は皮の焦げ具合が絶妙で、ともかく大変美味で満足。三人前(計18個)で630円も大満足。
他の店舗ではライスを出すところもあるらしいが、ボリューム的にも十分満足できた。

食後はセブンで買い物をして復路へ。
25kmほど東に進み益子に出て、そこから南下。

栃木と茨城の県境あたりで自販機休憩。この休憩後にめっきり身体が動かなくなった。
数kmでリンリンロードの岩瀬。

madone


ここから20kmほどで北条。
内町下交差点でリンリンロードを離脱して、R125、K45等から新福雷橋で小貝川へ。
数km走り福岡堰に到着。北条からは20kmくらいかな~。

自分はここで小貝川を離脱。お別れの時間。
情けないことに、前日からお腹を壊してた(だから餃子は三人前。笑)。そして最近珍しく寝不足。で、後半、力が入らなくなってしまった。

この日1日、ちょこちょことトイレに寄っていたのも冴えないが、特に北条から20kmほどの道のりは、力が入らなかったのに加えて、必死に集中して目を開いていないと寝てしまいそうな感覚に何度も襲われて、ついにgive up。

途中、ZENさんに福岡堰でおいとまさせていただく旨を伝えた。
本当は手賀沼までご一緒する予定だったが、30数kmを余計に走るのは昨日の自分には辛過ぎ。

お別れ後はちょっと走った後、暫し目を閉じて休憩。その後コンビニ休憩を1回はさみ無事帰宅。

それにしてもZENさんには、つくづく地脚の強さを感じた。宇都宮から益子経由で茨城に入る辺りまで、結構なペースで牽いていただいたのは、疲れたけど楽しかった!
やっぱり若い頃に徹底的に鍛えられた身体は、それなりの年数を経ても相当に力強くて、そういうことをしていない人との間には圧倒的な差があることを感じた。
学生時代はチャラチャラダラダラしてないで、徹底的に身体や脳味噌を鍛えるべきだよなぁ。

こんな脚には絶対かなわない!

madone


結局、この日の走行距離は215km。
ZENさんは277kmとのこと。
ZENさん、おつかれさまでした。中途半端になりスイマセンでしたが、またヨロシクお願いします!

Category: ロングライド!!

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (14)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ナイトラン初日

 【18//2013】

会社から帰宅後、ナイトラン。
片道5kmのコースへ。
いきなり10kmはとてもムリなので、とりあえず15分走って引き返すことにした。
スタート地点に戻ったら、ちょうど30分。
ほぼ一定のペースでは走れたらしい。
極めてノロノロ。5kmは走れてない。4kmちょいくらいかな。
ゴール地点まで1kmのところでようやく呼吸が楽になってきた。身体の動きに内蔵がついてきてくれない感覚。
とにかく衰えはハンパないということを実感できたのが今日の収穫ってことで。

madone

Category: 日記

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (4)Trackbacks (-) | トップへ戻る

asics GT-2000 New York

 【16//2013】

日も長くなってきたし、例年どおり帰宅後に50~60kmくらいナイトライドしたいところなんだけど、今年はなんだかんだ帰りが遅くて、なかなか難しそう。多少早く上がれても、精神的にぐったりしていて、自転車の準備をしたりするパワーがない。
ただ、やっぱりカラダ動かしたいなぁ~と思い、レイクタウンのスポーツオーソリティでランニングシューズを購入。

asicsのGT-2000 New York SW

madone


SWというのは、スーパーワイド。純和風な足にぴったり。
ちなみにこのカラーはスポーツオーソリティ専用らしい。ホントは白地にオレンジのラインかなんかが良かったけどなぁ。

madone


数年前に毎晩10km走っていた頃のようにはいかないだろうけど、ムリせずのんびりリラックスして走ってみよう!

Category: 日記

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (2)Trackbacks (-) | トップへ戻る

久々の若洲・葛西から初めての舞浜へ。&松戸ポタ

 【15//2013】

軽めに走るつもりで、7時半頃に出発。
久々に荒サイで葛西臨海公園にでも行ってみようかと。
そして、そこからDisney方面に渡ってみようかと。

ちなみにディズニーランドの近くに行ったからって嬉しいわけではない。
そのうちチャンスがあったら、チバイチライド(千葉県一周)をやりたくなるんじゃないかなぁと思っていて、千葉県外周のうち、この付近だけ唯一自転車で走ったことがなかったので、どんな感じなのか走ってみたいと思った次第。まぁ600kmくらいあるだろうから、おいそれとはいかないけど。

とか考えつつ、千住新橋に到着。

madone


ここから久々荒サイへ。

madone


ふむ‥、早い時間で空いてるから、なかなか快適。けど、やっぱ20km/hの表示が気になるなぁ。

清砂大橋で左岸に渡り、葛西臨海公園に行くつもりだったが、久々に若洲にも行きたくなったので、清砂大橋で荒サイ離脱で砂町から明治通りを南下。新木場駅辺りをぐるっと回って、若洲の公園の先端付近へ。

ゲートブリッジ。

madone


そう言えば、今日のmadoneは軽装備。いつもの重量より結構軽く、気分的に走りも軽快。体重も落としたいところ。

madone


若洲の公園内のサイクリングロードをのんびりと。

madone


madone


対岸のDisneyは霞んでる。

madone


R357に出て荒川河口橋を渡り、葛西臨海公園のロードがよく休憩してる場所へ。

madone


園内をひと回りして、R357の舞浜大橋を渡り、千葉県浦安市。
ディズニー・リゾートの案内標識に従って走っていくと、ほどなく到着。

madone


で、ディズニーエリアを走っての結論としては、チバイチのときは、このエリア省略したいなぁと…。願わくばR14を走りたいけど、それだとチバイチなのに浦安市を全く無視することになってしまう。とすればR357を走ることにするか…。R357は怖いんだよなぁ。ま、先のことなので、またそのうち考えよう。

この後は、浦安、市川と走り江戸川へ。
里見公園の所で台地に上がり、国府台、矢切等を走る。
だいぶ松戸駅に近づいてきた。

madone


千葉大園芸学部。長年、松戸に住んでたけどここに来たのは初めて。

madone


戸定邸の入口。長年、松戸に住んでたけどここに来たのも初めて。

madone


戸定邸は、水戸藩の最後の藩主となった徳川昭武が明治17年に建てた屋敷とのこと。(戸定(とじょう)とはこの辺りの小字とのこと)
入口にあった説明書きを読むと、屋敷も庭園も価値あるもののようで、ぜひ立ち寄りたかった。以前、松戸ポタで馬橋のお寺を見学していたら、知らないおじさんに、戸定邸を見るべきだと言われたんだよなぁ。今度クルマか電車で来てみよう。

松戸からは上葛飾橋で江戸川を渡り埼玉県復帰で、12時過ぎに帰宅。

妻と近所でカレーランチの後、SOLOで御徒町自転車ショップ見学。

Category: サイクリング!

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (2)Trackbacks (-) | トップへ戻る

霞ヶ浦、利根川界隈

 【09//2013】

土曜日。
朝5時半頃に起床するも、路面はウエットだったし、ズムサタでは雨がぱらついてると言ってたので二度寝。

11時頃に起きると路面は乾き、すっかり晴れていた。
昼頃出発。とりあえず霞ヶ浦でも目指そうかと。

いつもどおり野田橋で江戸川を渡り、芽吹大橋で利根川を渡る。

ここで急遽利根川左岸を下流へ。
何処かで未整備区間になるだろうと思ったが、そのときはそのときという気持ち。
気紛れなルート変更はよくあることだが、ガーミンにも頼らず全く知らない道に入っていくのは久しぶりのこと。

案の定、5km足らずで行き止まり。左手から川が合流しているかのような地形になっていて、土手上の道が大きく左にカーブしており、利根川沿いに直進することは不可能。

madone


左手に伸びる土手沿いを進もうとしたが、すぐ行き止まり。

madone


仕方ない。どうしようもないので逆戻り。
ただ、芽吹大橋までは戻る気になれず、Grand Prix 4-seasonの耐パンク性能を信頼して道なき道から強引に一般道へ。
そして、当初の予定どおり霞ヶ浦方面に向かうためにR354バイパスへ。

追い風基調。適度なアップダウンの中、巡行速度を高めに保ち快適に走る。
R354はいつしかR125バイパスへ。
あまりにも快適だったので、霞ヶ浦付近に着いてからも湖岸には出ずに、湖南側の台地上のバイパスを走り続けた。

家から70kmくらいまで来ると、上りでペダルを回せなくなってきたので、コンビニ休憩。

madone


2リットル98円の水と一本売りのバナナを置くコンビニは、自分としては高評価。おまけにバナナ一本89円はコンビニとしては安い。

madone


再スタートしてほどなく見覚えある景色だと思ったら、カスイチライド時に立ち寄ったセブンだった。
その付近の橋から見た霞ヶ浦。結局、霞ヶ浦を見たのはこのときだけ。

madone


この後、いくつかゆったりめのアップダウンがあり、ようやく低地の田園地帯へ。
ここでR125を離脱して、利根川に向けて南下。

途中の新利根川。

madone


そのまま南下したら、利根川の神崎大橋に出た。
右岸に渡り上流方面へ。

長豊橋のちょい手前の路地を南に入り、しばらくするとR408に合流。セブン休憩。
このセブンは、先週の銚子センチュリーライドで最後の急坂に向かうTDK手前の交差点にあったセブン。

銚子センチュリーの時は、araitaさんとtawagotoさんが1つ前の青信号で行ってしまい、ishitakaさんとは同じ青信号だったけど間に大勢のロードが入ってしまって彼らを抜くのに手間取るうちにishitakaさんに追い付かなくなってしまったという、一人旅のきっかけになった場所。

そして銚子センチュリー最後の急坂。下り8%後に少し平坦になって上り10%。

madone


150km以上走った後に、ずっと先を行くishitakaさんを追いかけて上ったときはめちゃくちゃキツかったけど、今日は単なる短い急坂だった。

この後は、やはり銚子センチュリーと同じく成田安食バイパス(K18)を走るが、ゴール方面には曲がらずそのまま成田線や長門川を越え、小林駅付近から利根水郷ライン(R356)に出て、木下、手賀川から手賀沼へ。

留守中の松戸の実家に上がり込んで、ちょうど始まったばかりらしいAKB総選挙を見つつ、どん兵衛きつねうどんを食べて、7時ちょい前に実家出発で7時45分頃に帰宅。
距離的には2週連続でセンチュリーライド。

Category: サイクリング!

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (12)Trackbacks (-) | トップへ戻る

第9回銚子センチュリーライド2013

 【03//2013】

6月2日(日)、銚子センチュリーライドに参加した。きっかけはishitakaさんからいつものメンバーへのお誘い。
これにただのオヤジさん、araitaさん、tawagotoさんと自分が乗ったかたち。自分にとっては、ロードバイクのイベントへの初参加。
結果的には、5人全員が完走することができて何よりだった。一時は無理かと思うような出来事もあったけれど。

当日の起床は3時。松戸の実家発だったので、4時出発で5時過ぎには到着。まだ駐車場はガラガラ。自分の性格上このくらい早い方が良いかな。
途中のコンビニで買ってきたおにぎりを食べながら、のんびり自転車の準備や身支度をしたり、トイレに行ったり、受付付近を散歩したり。笑

madone


受付手続きをして間もなくメンバーと徐々に合流。開会式等を経て、7時から15名ずつ纏まってスタートした。

今回はぜひいつものメンバーでイベントを楽しんでみたいという思いで参加を決めた。
だが、基本的には、雨ならお休み、風には逆らわず、坂道は回避という超気ままな走り方が自分のサイクリングのスタイル。いつものわがままが許されない状況で、雨・風・上り坂が非常に気になっていた。

まず雨については、正直、曇り時々雨ならDNSしようと思っていた。が、曇り一時雨となり、その後も何となく予報が良くなっていきそうな気配が感じられたので、多少の覚悟を持って参加を決断。他のメンバーはDNSなんて考えを微塵も持っていなさそうだったし。
結果、九十九里沿いで少しの時間だけ、さぁーっと細かい雨に降られたが全く影響ない範囲。午後からは日射しも出て、かなりの日焼けをしてしまったほどだった。

風は予想外の北寄りで、主に九十九里北上時に向かい風。だが全く苦しまず。エースの強力な牽きのおかげ。
トレインに追い付いては安全を確保しつつ追い抜くということを繰り返し、なんなく飯岡に到着。
ちなみにエースに牽かせるってのは、先日のtawagoto氏不在の飲み会にてishitakaさんのご提案・全員一致で決定したAYSの大方針。仮にtawagoto氏が出席していたとしても問答無用で決まったと思うけど。笑
まぁとにかく懸案の向かい風を難無くクリアできたことについてtawagotoさんに深謝!

そして、最後の懸案事項は坂道。
銚子センチュリーの上り坂は、ヒルクラでも何でもない単なる坂道ながら、先般のプレセンチュリーライドでヘロヘロになっていたので、どうにも対策の施しようのない大きな懸案と認識していた。
が、覚悟していたほど苦しまずに登れてひと安心。実際に走ってみて初めて分かったが、決してレースではないわけで、平地でも坂道でも力まずのんびり走る人が多く、それがリラックスに繋がった。
普通の人よりも登板能力が著しく劣るという現実を突き付けられることなく上り坂をクリアできたのは、それだけで大満足で、参加して良かったと思えた。
なお、ここでもtawagotoさんに感謝。後ろから登りの見本を見せていただきました。

以上3つの懸案事項は、案ずるより産むが易しと言って良い感じだった。ホントに良かった~。

お楽しみのお昼ご飯は、犬吠埼を下った君ケ浜しおさい公園の先を上った辺り。ishitakaさんとtawagotoさんが前回入ったとの店。
海鮮丼。美味くて大盛り。満足!

madone


今回、あんまり途中の写真無いんだよな~。走りを楽しむのに集中し過ぎ?
そんな中、予定より早い到着で、憩いのひとときっぽい雰囲気のCP3。

madone


すっかり青空♪

madone


パンダーニを纏った頼りがいのある背中はaraitaさん

madone


みんなの自転車とtawagotoさん

madone


そして、この後クライマックスへ!
この日最も盛り上がったのは、とどめのアップダウンで最も苦しむと思われたCP3以降。
確かにきつい場面はあったけど、高速巡航できた場面も結構あって、すっかりランナーズハイ。
最後の最後でふとしたことからtawagotoさんとaraitaさんがぶっ飛んで遥か先に行ってしまったり、交差点で車列に阻まれてishitakaさんに置いていかれ、2台のロードを引き連れてスパートする姿を数十メートル先に見ながらどうしても追いつかないとか色々あったが、ゴール直前の一番最後の信号でishitakaさんとともにエースと総監督になんとか追い付き(待っててくれた?)ゴール!
膝を傷めて途中下がり気味だったオヤジさんも5分足らずしてゴール!

楽しかった~!疲労しつつも脚が回り続ける感覚がとても気持ち良かった。
見知らぬ数台の後ろを上っていたときにクライマー体型のショップジャージが横を颯爽と抜いていった。こういう人を追いかけて追い抜いたりするのって快感なんだなぁ。初めての感覚。笑

完走証と記念品をいただき記念撮影。自転車を整列~。

madone


madone


madone


以上!! 今回のイベントをきっかけに自転車の新しい楽しみを見つけられるかなぁ。

Category: サイクリング!

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (6)Trackbacks (-) | トップへ戻る