2013 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2013 05

鬼無里project (山村集落)

 【30//2013】

このGW前半を利用して、平成25年お一人様プロジェクトの第一弾「鬼無里project」を実施した。

目的は、旧鬼無里村の「鬼無里の湯」に一泊して、大好きな長野県の風景を堪能し癒やされること。

1日め(4/27)は自転車無し。午前中は軽く雨ながら、温泉を満喫し、散歩やドライブで長野の風景を満喫した。

そして2日め(4/28)は白馬駅付近にクルマを置いてサイクリング。

まずは、白馬駅の1つ北側の信濃森上駅の東方、姫川を渡った山あいの集落に向かった。昨年も行った場所だが、ぜひとも再訪したく。

集落の名称は、野平(のだいら)と青鬼(あおに)。

madone


最初に野平へ。

10%の坂道を1kmほど登ると集落が始まり、10~20軒ほどの家屋とともに田園風景が広がる。急坂を登ってきたのであまり感じないが、集落自体も結構な急斜面上にある。写真でも思い切り緩やかな斜面にしか見えないけど。

madone


集落の斜面を少し登った所から眺める北アルプスの風景は、峰方峠(白沢峠)からの景観と並んで最もお気に入りで、本当に見事な絶景。

madone


更に数百m進むと家屋が無くなり、勾配が急になる。
昨年は行かなかったその先に進んでみると、「いろり塾」との看板があった。更に先に進むと菅入という廃村を抜けて大きくひと回りするように、野平に登る坂道の途中に出ることができる筈だが、道が舗装されていないようだったので、ここで折り返し。

madone


いろり塾は、坂の下でもいくつか看板を見かけ気になったのでネットを見てみた。体験学習の場ということで、村に伝わる陶芸、炭焼き、蕎麦うち、漬物、紙を使った手芸等を体験できるという情報を見つけたが、本当にそうなのか、現在もやっているのか、今ひとつ分からず。
なお、いろり塾は野平ではなく、菅入の集落跡にあり、そこの家屋を利用した施設らしい。

ルートラボを見ると、姫川を渡って登り初めてからいろり塾の看板までの距離はおおよそ2.2kmで勾配は平均9.4%ってところ。

集落をぶらぶら散歩するように登ってきた道を下った。

madone


madone


姫川まで下りて川を渡り、姫川第二ダムの橋で再度姫川を渡る。

madone


madone


渡った所が青鬼に繋がる坂道の始まり。野平の北側にある小高い山の中腹まで登る。

集落入口までの約1.6kmの道は、最初と最後に坂道があり、初めの500mが11%前後、最後の400mが13%強という感じで一部短いながら20%超の区間がある。坂道には相変わらず馴れていないので、短いとは言え、心臓はバクバクで壊れそうだった。なお、1.6km全体だと平均で7.8%くらい。

青鬼は、佐原、真壁などと同じく、国が選定する重要伝統的建造物群保存地区とされている。

madone


集落でただ1つの商店に違いないサイダー屋さんで、休憩がてらお婆ちゃんとお喋り。確か昨年もお話したお婆ちゃんだよなぁ。
昨年は棚田の話、今年は青鬼と鬼無里を繋ぐ山道の話を聞いた。

madone


古民家。

madone


madone


棚田と石垣。

madone


madone


のんびりひと回りして十分に癒やされ、集落を後に。

集落を出て、下り坂の途中。

madone


坂を下り終えた辺りには写生する人々。

madone




(つづく)


スポンサーサイト

Category: サイクリング!

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (6)Trackbacks (-) | トップへ戻る

情報収集な1日

 【20//2013】

前夜のうちに準備をして寝たのだが、今朝、起きると天気がイマイチなのもあり、走る気になれず…。
先週に引き続きガーミン800に取り込んだルートを走ってみようと、800はルート確認用、500は各種データ確認用ということで、2つ装着してみたんだけど…。

kiroku


家族はみんな外出予定があり、自分1人、家に居るのもなんなので、とりあえず駅へ行き、上り電車に乗ってひと眠り。
青山一丁目で下車。暫し軽く散歩。青山通りからキラー通りへ。

CHERUBIMへ。

kiroku


かなり個性的な自転車たち。

kiroku


kiroku


正統派のR-2。

kiroku


そして、STICKY。7.5kgくらいらしい。
これだけ軽いと、300とか400走るには、Madoneより楽なんじゃないかなぁ。

kiroku


すっかり萌えてしまった。
その後は、なるしまで小物を買ったり、Pandaniちら見したり、ブリヂストンの青山バイクフォーラムに立ち寄ったり…。

ANCHOR RL8

kiroku


ケーブル内蔵。真っ白でなくパール塗装。細かなキラキラが綺麗で柔らかい印象。かなり良い感じ。

kiroku


表参道から上野に出て、いつもの御徒町の自転車ショップやアウトドアショップへ。
モンベルの前輪のみ外すタイプの輪行袋に興味があり、使い方のコツを実演で教えていただいた。
前輪のみ外すタイプは置き場所を取るというけど、これはこれで良さそうだなと…。

そんなこんな情報収集な1日。
せっかくの春なのに走行距離が伸びないなぁ。
GWもいつの間にか目の前に迫ってるんだな。晴れるかな…。

Category: 日記

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (2)Trackbacks (-) | トップへ戻る

少しだけプレ銚子センチュリーライド

 【15//2013】

日曜日も実家発着。
とりあえず銚子CRのスタート地点まで自走で行ってみた。

手賀沼、手賀川、木下、利根川、安食で30kmちょい。
ルートは違ったけど、前日のクルマと10分しか変わらなかった。

スタート地点の「ふれあいプラザさかえ」。

madone


とりあえずコースどおりにスタートしてみる。

あ~、もう田んぼに水張ってるのかぁ。

madone


田植え後の田んぼは癒やしの景色。
待ち遠しい。

栄、成田、芝山辺りは、比較的頻繁に走るが、自分のルートとはちょっと違って新鮮だった。
けど、アップダウンの繰り返しは疲れる~。脚つりそう。

で、芝山はにわ道の卵かけ御飯の店に着いた。

うまそ。

madone


玉子焼はオプション。

madone


御飯と卵をおかわりして満腹で退店。

時間限定ライドのため、ここで折り返し。栄のスタート地点から30kmちょっとだったかな。

帰りは、成田に戻らず、富里、八街、酒々井から印旛へ。

山田橋。

madone


印旛日本医大駅から木下に抜けて、手賀川、手賀沼から実家戻り。
午後から風が強まり、手賀沼は向きによっては突風で、ひと桁km/h。
結構つかれた~。

マップ表示中は細かい走行データが見れず、ちょっと不便。edge500も併用してみようかな。




Category: サイクリング!

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (6)Trackbacks (-) | トップへ戻る

新川・花見川や牛久大仏や

 【14//2013】

金曜日の晩に実家に泊まり、土曜日の朝、車載で出発。
銚子センチュリーライドのスタート地点にクルマを止めて、同じコースを同じ時間で走ろうと思った。
…が、駐車場が閑散としていて、クルマを置いていくのが何となく不安。
…と思ったら、車上荒らし多発との看板が目に入り…。

中止~。

これまでガーミンに取り込んだコースどおりに走った経験がなかったので、ぜひ試したかったんだけど。ザンネン。
とりあえず成果は、実家からクルマで1時間かかることが分かったこと。

その後、手賀沼まで戻り、道の駅にクルマを置いて出発。
手賀川沿いから千葉NT経由で新川・花見川沿いのサイクリングロードへ。

弁天橋。ここから3kmほどの未整備区間を初走行してみた。

madone


砂利混じり区間が多くてとばせないけど、木陰がメインなので夏場は涼しそうで良いのかも。

で、花島橋に到着。
ここから稲毛海岸までは再び整備区間になるが、この日はここで折り返し。

madone


帰りは14%という標識のある短い急坂を登って迂回路へ。

madone


未整備区間は10km/hちょいくらいで走っていたので結構時間がかかったが、迂回路はあっという間。

千葉NTの大きな県立公園の中をポタポタ散歩したりしながら比較的のんびり走り、小林牧場の横を抜けて、お昼御飯の「まるみや」へ。

madone


11時40分頃に着くと、テーブルは満席。辛うじて小さなカウンターに座らせて貰った。

madone


美味しいお刺身と大粒カキフライの定食を堪能。店を出てからは、県道を走らず脇道に入り北上。

安食辺りから利根川右岸に出て、長豊橋で茨城県に入り、牛久大仏を目指す。

madone


やはり巨大だ…。

自転車から離れられないので、外から参拝。

madone


帰路は、龍ケ崎NT経由で小貝川の高須橋に出て左岸を下り、利根川の栄橋から千葉県復帰で、手賀沼道の駅に到着。
小貝川沿い辺りからは向かい風がかなり強くヘロヘロになった。
自転車を荷台に放り込んで、実家に帰宅。

madone


Category: サイクリング!

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (8)Trackbacks (-) | トップへ戻る

とりあえず始まり

 【01//2013】

このブログを書いていくにあたって、一旦、自転車との向き合い方について整理を。

自分は、TREK Madone6.2というレーシーな性格のロードバイクに乗り、週末に概ね100km~200kmを走っている。

レースに出るわけでもないので、このバイクはオーバースペックなのだろうが、速く走れるハズというだけでテンション上がるし、実際に前のスチールロードGhisallo305と比べて速く走れている気がするので、このバイクを購入して非常に満足している。

Madone6.2

madone


Ghisallo305

ghisallo


週末に1日8~10時間乗れば、休憩・昼飯込み20km/h平均で160~200km走れることになり、感覚的には、これが自分の基本的なサイクリングという気がする。ただし、休日午前中のみ或いは平日夜間のみ走ることもあるし、実際のサイクリング1回あたりの距離は、150kmに届いていないと思う。
一方、200kmを超えると、自分としてはロングライドをしたという感覚が得られる。
今年は300kmという距離を経験しておきたいと思っている。

昨年、夏・秋頃までは、SOLOで走ることが多かったが、晩秋以降、ブログの繋がりで複数で走ることが増えた。
SOLOにはSOLOの、複数には複数のメリット・デメリットがあるので、いずれの良さも楽しんでいければと思う。

とりあえず、そんなところで。



Category: 日記

Theme: 自転車

Genre: 趣味・実用

Comments (6)Trackbacks (-) | トップへ戻る